無駄に頑張る

ゲームをメインに無駄に頑張ってるblog。 他にも漫画とかニュースとか日常とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハゲでマッチョは好きですか?

最近のゲームの主人公って妙に爽やかなキャラが多いと思いませんか?
洒落た格好をしてすかした態度だったり。
熱血あふれるガキだったり。
まあデビルメイクライのダンテやFFシリーズの主人公だったりするわけですが。
メガテンやドラクエはキャラデザはあるものの一応主人公=自分なのでまた別の話として。

で、です。「ゴッド・オブ・ウォー」の主人公はハゲでヒゲでマッチョです。

無茶苦茶強い!でもハゲ。

怒れる漢!でもマッチョ。 いや、だからこそマッチョ。

大概この手のキャラは脇役だったりします。FF4のヤンとか。


しかもですよ、ただでさえ見た目が最悪なのに、性格が残忍で狂気を帯びていて、物事を成す為にはなんだってするというおまけつきです。
こんなキャラに惚れるわけがないですね。



いや、惚れちゃうんだよこれが。

確かになんか嫌いになるような点ばかりあげましたが、カッコいいんですよこの主人公は。

一言で表すなら「豪快」

とにかくすごいです。敵を掴んで力任せに引きちぎったり、ゴルゴンの首をもぎ取ったり。
この豪快なところが素晴らしい。そこに痺れるッ!憧れるぅッ!


はい、前置きが何やら長くなりましたが、「ゴッド・オブ・ウォー」のお話です。
巷ではデビルメイクライや鬼武者のパクりだとか言われている割にはそれらよりも高評価を得ている本作品。最近カプコレで発売され、自分もようやくプレイすることができました。
非常に面白かったです。
アクションとはまさにこれじゃないでしょうか。
自分は鬼武者はやったことがないので比較できませんし、デビルメイクライも3しかやってないのであまり比較はできないのですが、少なくともデビルメイクライとは別物だと思いましたね。
デビルメイクライはジャンルにスタイリッシュアクションというように、敵に華麗なコンボを決めることに重点を置いた作品です。
そのために謎解きなどはほとんど排除しており、純粋に戦いを求めた物になっていると思います。謎を解くために戦闘をしているとでも言うんでしょうか。
対して、ゴッド・オブ・ウォーは謎解きも含めたアクションとなっております。
謎を解くための戦闘ではなく、行く道を阻むものとの戦闘になっているんですね。
謎解き自体も結構ヒントが少なく、色々と考えなければ解けないものもあったりします。実際に自分で様々な行動を起こして試してみないとわからないものもあったりします。最近のゲームでは謎解きにヒントを出し過ぎていて全然謎解きになっていなかったりしますからね。自分で色々と試さなければならないのは中々良いのではないでしょうか。謎自体もそこまで難しいものはありませんでしたし、詰まることもほとんどないのでしょうか。

では、肝心の戦闘アクションはつまらないのかと言われると、答えはNoです。
むしろ戦闘に全てがあります。
基本的に武器は一種類なのですが、これがなかなかどうして面白い武器になっています。
ブレイズオブカオスという鎖のついた剣です。面白いのはその鎖を上手く利用していること。
鎖を伸ばして遠くの敵を攻撃したと思ったら剣をもって至近距離で攻撃したりするわけです。他にも敵に剣を刺して振り回して他の敵にぶつけたり。
前述しましたが、このゲームは「豪快」であることが全てだと思います。

それを可能にしているのがCSアタック(コンテキスト・センシティブアタック)です。
CSアタックは敵を掴むことで発動して、支持されたコマンドを入力していくものなんですが、これが素晴らしすぎます。

敵兵を掴んだ後には、鎖でぶん投げたり、力任せに引きちぎったり、床に叩きつけて何度も殴ったりするわけです。
他にもそれぞれの敵によって動作が違います。
ミノタウロスなら転ばせて口の中に剣を突き刺したり。
ゴルゴンなら首を引きちぎったり。
サイクロプスなら目玉を直接攻撃したり。
やはり言葉や文にしたら想像し難いでしょうね。これは実際に見ないとわからないと思います。
でもきっと、その豪快さに圧倒されると思いますよ。
特に自分は最初のボスのヒドラにトドメを刺す場面で「こんな倒し方があったのか!まさかこんなに面白いゲームだなんて!」と一人で興奮して震えていました。
また、CSアタックを使うことで鎖のついた剣を上手く使っているわけです。引っ張ったり引っ張ったり。

もうとにかく豪快。全てが豪快。ムービーで普通に人が惨殺されているところも豪快。初めてアテネに入った時にアテネ軍が戦っている相手を見たときも豪快。GODモード(very hard)の敵から受けるダメージも豪快。

しかもですよ、グラフィックがものすごく綺麗なんですよ。ムービーと通常シーンがあまり差を感じられないぐらいに。

さらにですよ、カメラワークが素晴らしいんですよ。基本的にカメラ固定でデビルメイクライのような感じなんですが、すごく見やすくて全然プレイの邪魔をしないんですよ。デビルメイクライをやったことがある人はわかると思いますが、あのゲームはカメラワークが悪いので敵が全然見えなかったりするんですよね。
でもゴッド・オブ・ウォーはそんなことは全くありません。いや、たまにカメラが引きすぎてて逆に見にくいということもありましたが。

極めつけはロード時間の無さです。ゲーム中でロード時間を感じることはほとんどありません。常に動けるからずっと集中できるんですよね。はっきりいって、ロード関連でここまで何も苦労しなかったのは初めてかもしれません。もちろんファミコン時代と比べるとあるのかもしれませんが、ロード時間があって当たり前になった今ではこの早さは驚異的です。むしろ移動中などでもどこでロードしてるかがわからないぐらいでしたからね。素晴らしい。
あと、このゲームは結構即死トラップとかがあるんですよね。でもロードが早い上に、すぐ近くの最後の場面から再開してくれるので全然ストレスが溜まりません。死んだ時に連打してたら再開や終了の画面が表示されること無く再開されることがあるぐらい早いです。それと最後の場面とはセーブポイントではなく要所のチェックポイントなのであまり戻されません。ここまでやりやすいアクションなんてあまり無いような気がします。おかげで何回死んだことか。

それとですね、音楽もいいですよ。戦闘シーンにすごくあっていて盛り上げてくれます。
ただ、アクションゲームってあんまり音楽を聴いている余裕がなかったりしませんか?一撃でも喰らったら死ぬっていう状況や、沢山の敵に囲まれている時はとにかく必死にやっているのでプレイに集中しているし、聴いても敵の攻撃動作直前の声だったり。
でも、そういうことを考えると、全くプレイヤーの邪魔をしていないので素晴らしいBGMということにならないでしょうか?実際に余裕がある時に聴くといい曲だと思いますし、戦闘中でこの音楽が無かったらそれはそれで面白くないと思います。BGMとして素晴らしいです。
RPGの曲に名曲が多いと言われるのは一番曲を聴く余裕があるジャンルだからではないでしょうかね。

賛否両論あるのは残虐性ですね。前述したように、敵一匹倒すのにも結構残酷なことをします。ましてやムービーで普通に人が殺されたりしているので、駄目な人は駄目なんじゃないでしょうか。
でもこのゲームは残虐なところも売りですからね。ゴッド・オブ・ウォー2ではサイクロプスの目玉を引きずり出すようなことがあるみたいですから。
むしろ「豪快さ」をもっと前面に押し出すためにはもっと残虐になるような気もします。個人的にはもっと残酷で豪快な方が好きです。


ううむ、欠点も上げたいのですがこれといった欠点がありませんね。
まあ、残虐だから人を選ぶっていうことでしょうか。
後はボス戦が少ないということ。これは本当に残念。もっとボス戦を増やして欲しかった。特にボス戦が面白いゲームなのに。
それとラストバトルはちょっとがっかり。てっきりワンダと巨像みたいな戦いになると思ったのに。
そして全体的に短いってことですかね。クリアーには10時間ぐらいでしょうか。特にNormal以下でやるとあまり苦戦せずにサクサク進むのですぐ終わってしまいます。
そういえばやめたくなるようなステージがありましたね。即死トラップばかりのところとか。ああいうとこは極力少ない方がいいかと。全く無いのも面白くないですけどね。


このゲームはアクションならではの爽快感はあまり無いと思います。CDアタックを決めた時の「豪快感」ならありますが。
特に雑魚敵も結構固くて、常に全力で戦わないと簡単に殺されたりします。
道中にいる雑魚は雑魚ではなく、中ボス的な位置付けですね。

というわけで、
「アクションがやりたい!」って人にはオススメです。絶対やった方がいいです。
別にアクションがやりたくなくてもやった方がいいです。
ただ、それなりの腕を求めて来るのでアクションが苦手な人には難しいかもしれません。(easyは敵が弱くなるだけなのでトラップ等の難易度は変わらない)
それと、グロに耐性が無い方はやめておいた方がいいと思います。でもやった方がいいです。



爽快感を求める方は「真・三国無双」を、
戦闘アクションのみを求める人は「デビルメイクライ」を、
アクション全てを求める人は「ゴッド・オブ・ウォー」をという感じでしょうかね。
  1. 2006/10/12(木) 00:02:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<時間無い | ホーム | 泣きたくなった>>

コメント

初めまして、こんばんわ。
気分屋。と申します。
遅くなりましたが、この度は訪問有難うございました。

ゴット・ウォーと言うのは、名前だけ聞いたことがあるぐらいだったので、今回の記事はとても参考になりました。
見てるだけで、ワクワクさせられました♪

では、これからも頑張ってくださいませ。
乱文失礼いたしました。


追記
リンクフリーとのことなので、当ブログのリンク集に追加させていただいても宜しいでしょうか?
  1. 2006/10/12(木) 17:08:53 |
  2. URL |
  3. 気分屋。 #-
  4. [ 編集]

ごめんなさい、Pass入れ忘れてしまったので、再度書き込みさせていただきます。
リンク追加させていただきました。
  1. 2006/10/12(木) 21:33:16 |
  2. URL |
  3. 気分屋。 #-
  4. [ 編集]

はじめまして、わっはと申します。

ゴッドモードクリアおめでとうございます。
凄い。私はノーマルクリアが精一杯でした。

ノーマルで何度もゲームオーバーになったのですが
噴水の広場にいるサイクロプスの所でよくフリーズしました。
うちの弟はラストバトル中に固まったとか。

2も実に難易度が高そうですね。
今から楽しみです。どんな風にゲームオーバーになるのかが。
  1. 2006/10/12(木) 22:16:27 |
  2. URL |
  3. わっは #-
  4. [ 編集]

>>気分屋。さん
ありがとうございます。このレビューを楽しんでいただけたなら幸いです。

>>わっはさん
ありがとうございます。GODモードは敵の倒し方がわかればどうにかなりますよ。そのためにクレイトスは何回も死にますが。
2も楽しみですね。ミノタウロスに真っ二つにされたりすると面白いかもしれませんね。
  1. 2006/10/13(金) 22:56:27 |
  2. URL |
  3. ton #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mudani.blog28.fc2.com/tb.php/382-5fe57f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやき

    follow me on Twitter

    ランキング

    rankバナー

    にほんブログ村 ゲームブログへ

    是非ともポチッとお願いします。

    最近の記事

    プロフィール

    Author:ton
    ゲームも漫画も幅広く好きな馬鹿。

    リンクフリーなので自由にリンクしちゃってください。コメントも大歓迎です。

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    巡回先

    ・GAMENEWS WATCHER
    ・ゴルゴ31
    ・朝目新聞
    ・春が大好きっ
    ・ねたミシュラン
    ・LOGIC&MATRIX
    ・Goonie!
    ・名前のない部屋
    ・めっつぉ
    ・世界のショボオン
    ・ファミ通.com
    ・ITmedia +D Games
    ・GAME Watch
    ・Gpara.com
    ・痕跡症候群
    ・こんがり焼あじ
    ・心理学ステーション
    ・小紅堂本舗
    ・公共広告奇行
    ・よしみるくのオレンジ
    ・マンガ一巻読破
    ・無気力通信↓
    ・俺的ニュースの盛りw
    ・情報屋さん。

    リンク

    ・FINAL COUNTDOWN
    ・薙空間
    ・ゲーム世代NEXT
    ・七転八転
    ・あるひとつのゲーム感
    ・光雲流水@ゲープレ日記
    ・野良猫と仲間達が見た戯言な風景

    メール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター

    無料ホームページ ブログ(blog)

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。