無駄に頑張る

ゲームをメインに無駄に頑張ってるblog。 他にも漫画とかニュースとか日常とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葛葉ライドウ クリアー後感想

感想なので基本的にネタバレ無しの方向で書いていきます。
とは言うものの、どこからがネタバレなのかわからないのでストーリーにはあまり触れずにいきますね。


まずゲームを起動したら始まるオープニング。
滅茶苦茶カッコいい。これに尽きます。
ムービー自身も綺麗で雰囲気が出ていて良いというのもありますが、何よりも音楽が最高です。
特に追っかけている人物が赤マントに変異して襲い掛かってくるところからの盛り上がりといったらそれはもう筆舌に尽くしがたいです。
ゲームオーバーになってタイトル画面に戻る度に見てしまいます。
このムービーだけでも見てほしいですね。公式サイトからダウンロード出来るので是非見てみてください。


次にデビルサマナー、悪魔召喚士としての仲魔との関係。
ライドウでは移動中にも仲魔を召喚することによって仲魔の特性を生かした捜査があります。
例えば熱くなっている人間の心を冷却して落ち着かせて情報を聞き出したり。
読心術を使って相手の考えを読んだり。
飛行や侵入を使って悪魔しか行けない場所を探索したり。
様々な方法で悪魔を使役して捜査を進めていきます。
これがなかなか面白い。
人間では出来ないことも悪魔を使うことによって解決するんです。
なるほど、コレがデビルサマナーとしての悪魔の使役だと思いましたね。
そして召喚していると常についてくる仲魔。もう愛着湧きまくり。
主従の関係といえどもこの関係は素晴らしいと思いました。


次に悪魔について。
まず、従来のシリーズをやった人は今までの種族や属性の違いに戸惑うと思います。自分もそうでした。
従来の魔神や妖精、LIGHTやDARKなどの属性は存在しません。
単純に管の種類で分けられています。(今回はCOMPは無く管に入れて仲魔を持ち歩いている)
種類も紅蓮、銀氷、雷電、疾風、蛮力、外法、技芸の七つしかありません。他には敵専用の種類のみです。
名前を見てわかるとおり、基本的に火炎、氷結、電撃、衝撃、物理、呪殺で管が分かれています。
つまり今までは天使だったソロネとパワーが紅蓮と疾風に分かれているように火炎や氷結で分かれています。
ですから今までの魔獣だとか女神だとかは全く適用しません。
そして合体のみで作成可能な悪魔がほとんどいません。苦労して作ったら次のダンジョンで普通に出てきたなんてことはしょっちゅうです。

しかし今回の業魔殿では通常合体のバイナリーの他にサクリファイスとシュミットという特殊合体があります。
サクリファイスは単純に元の悪魔を他の悪魔で強化する合体です。これのおかげで気に入った悪魔を徹底的に強化できます。序盤のウコバクやモー・ショボーも終盤まで連れて行くことも可能です。
シュミットは剣合体です。ライドウの刀を強化します。今回は装備という概念が弾丸しかないため、シュミットをしないと刀の強さはずっと初期値のままです。

そして悪魔の数。これが少し残念ですね。どうやらかなり少ないみたいです。種類が少ないのに数はそれぞれの種類でいままでどおりぐらいしかいないと考えるとその数は予想できるでしょう。もしかしたら100もいないのではないでしょうか。
それに前述した通り、ほとんどの敵はエンカウントします。バイナリー(通常合体)は魔法を継承させることに意味があるのではないでしょうか。
実際、ダンジョンに出てきた悪魔をそのまま使ってもかなり優秀な働きをしてくれましたから。

それぞれの悪魔の動きは個性的で見ていて飽きません。
戦っていてもクセが一体毎に違うのでそれぞれしっかりと作りこまれているようです。


次に音楽。
最高です。滅茶苦茶カッコいいです。特にオープニングで流れる曲が一番シビレましたね。
どの曲も大正二十年の雰囲気にマッチしていてすごくいいです。
ミニゲームの麻雀をしている時にデビルサマナーの矢来銀座の曲が流れるのも最高でした。


そして各地で色々と言われている戦闘。
戦闘がアクションで、各地から不満が続出しているらしいですが。
確かに単調と言ったら単調かもしれません。
ライドウの基本的な動きが剣を振る、剣を突く、銃を撃つ、封魔するぐらいしかないためですね。
自分は最近のアクションゲームをあまりやったことがないため比較するのは難しいのですが、十分楽しめる内容だと思います。
基本的な動きの他にやらなきゃいけないことが結構あるんですよ。
敵の攻撃のパターンやタイミングを見てガードしたり。
仲魔の特技を使って弱点を探したり。
仲魔が攻撃を喰らいそうになったら瞬時に自分の元に呼び寄せたり。
自分はやっていて十分楽しめました。弱点を見つけて徹底的に攻撃したり、敵の攻撃を自分に引き寄せて仲魔に攻撃させたりと結構戦略的にも色々要素があると思います。
本格アクションゲームと比較すると面白くないのかもしれませんが、これはこれで十分面白いと思います。

そもそもアクションゲームと比較するのが間違っていると思います。
ライドウは確かにアクション要素が入っていますが、このゲームの本質はデビルサマナーであることだと思うのです。
だから悪魔を使役しての捜査もこのゲームの重要な要素ですし、仲魔と協力して戦闘を行うのもこのゲームの重要な要素なわけです。
これがアクションのみのゲームだったら面白くないと言われても否定はできません。アクションだけで見ると他のゲームに劣ると思いますから。
でもこのゲームはそれだけがメインではないのです。あくまでもアクションは一要素であって、他の要素も絡まって出来上がっているのです。
そう考えると良く出来ていると思います。


そしてシナリオ。
あまり書くとネタバレになってしまうので詳しくは書きません。
全体を見るとあまり重い雰囲気はありませんね。それどころか結構要所要所に遊びがあって好感が持てました。やっぱりデビルサマナーシリーズって感じでしたね。
話としても世界がどうのこうのっていうことではなく、帝都だけの小さい世界の話でした。やっぱりデビルサマナーシリーズですね。
自分はこういう話は結構好きなのでかなり楽しんでやってましたよ。



総評
結構面白かったです。じゃないと24時間もぶっ続けで出来ません。
でもソウルハッカーズほどじゃないですね。自分の中ではソウルハッカーズは神格化されてるのでよっぽどじゃない限りコレを越えるゲームは出てこないのですが。
色々言われてるアクションもアレはアレで面白いと思いますし、何といっても仲魔が近くに感じられるのが最高にいいですね。
ただアクションが苦手な人にはあまりオススメできないかもしれません。アクションが出来ないと結構しんどいです。

でも面白かったぁ。もしかしたらすぐにでも2週目を始めちゃうかもしれません。

テーマ:デビルサマナー ライドウ - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/03/04(土) 09:03:01|
  2. 葛葉ライドウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<葛葉ライドウ クリアー後感想その2 | ホーム | なんて大馬鹿野郎だ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mudani.blog28.fc2.com/tb.php/159-039d342b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやき

    follow me on Twitter

    ランキング

    rankバナー

    にほんブログ村 ゲームブログへ

    是非ともポチッとお願いします。

    最近の記事

    プロフィール

    Author:ton
    ゲームも漫画も幅広く好きな馬鹿。

    リンクフリーなので自由にリンクしちゃってください。コメントも大歓迎です。

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    巡回先

    ・GAMENEWS WATCHER
    ・ゴルゴ31
    ・朝目新聞
    ・春が大好きっ
    ・ねたミシュラン
    ・LOGIC&MATRIX
    ・Goonie!
    ・名前のない部屋
    ・めっつぉ
    ・世界のショボオン
    ・ファミ通.com
    ・ITmedia +D Games
    ・GAME Watch
    ・Gpara.com
    ・痕跡症候群
    ・こんがり焼あじ
    ・心理学ステーション
    ・小紅堂本舗
    ・公共広告奇行
    ・よしみるくのオレンジ
    ・マンガ一巻読破
    ・無気力通信↓
    ・俺的ニュースの盛りw
    ・情報屋さん。

    リンク

    ・FINAL COUNTDOWN
    ・薙空間
    ・ゲーム世代NEXT
    ・七転八転
    ・あるひとつのゲーム感
    ・光雲流水@ゲープレ日記
    ・野良猫と仲間達が見た戯言な風景

    メール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター

    無料ホームページ ブログ(blog)

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。