無駄に頑張る

ゲームをメインに無駄に頑張ってるblog。 他にも漫画とかニュースとか日常とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分とエムブレム

アーダン一人クリア第7回  (LOGIC&MATRIX
今回は笑いが止まりませんでした。




アーダン一人クリアは非常に面白いですね。毎回あんな記事が書ける遊星さんを尊敬しています。

てなわけで最近ファイアーエムブレムの話が多いのでちょっと自分とエムブレムの関係を語ってみましょう。


自分がファイアーエムブレムを初めて知ったのは兄が紋章の謎を買ってきた時ですね。
それが初エムブレム。子供ながらに面白いと感じていました。
その頃はまだエムブレムを何も知らなかったので仲間が死んでも妥協して進めていたり闘技場を使わなかったりしていましたね。

そして自ら購入を決意した聖戦の系譜。
実は聖戦の系譜って一回か二回ぐらいしかクリアーしたことないんですよ。
いつもアルヴィスの手前でデータが飛んだり9章のパラディン2匹のレベル上げで飽きたり。
考えてみれば聖戦の系譜って如何にしてレベルを上げるかに全てを注いでいましたね。

まず序章でアーダン、アレク、ノイッシュはレベル20に。
1章は普通にクリアー。
2章でパラディンになったアレク、ノイッシュのおかげで値切りの腕輪も取れます。
そして2章ラストのザインで騎兵全員クラスチェンジ。ついでにアイラもクラスチェンジ。
最近やったのでは3章の海賊でも稼ぎましたね。あれを使えば全員クラスチェンジやイチイバルの☆を50にすることも可能です。
そして4章は普通にクリアー。
極めつけは5章の最初のアクスナイト部隊で☆稼ぎ。ここでティルフィング☆50という暴挙も可能です。

6章に入るとキャラを育て直しなので少しへこみます。
でもダナンでとりあえず6章のキャラ全員クラスチェンジ。
7章と8章は普通にクリアー。
9章の増援のパラディンで全員クラスチェンジ。
10章のアルヴィス直前でデータ消失。
しばらく聖戦の系譜を封印する。

これぐらいやるほど面白いですよ。
ああ、聖戦の系譜はなんて素晴らしいゲームなのだろうか。


そして待ちに待ったトラキア776です。
聖戦の系譜に惚れ込んだ自分は期待度MAXでプレイするわけです。

そしてその難易度の高さに愕然。

ああ、何度最初からやり直したことだろうか。
そしてレベル上げを色々工夫したのもこのゲームが初めてでしたね。

その方法を一つ紹介。
・一般にファイアーエムブレムは攻撃、及び撃破することによって経験値を得る。
・トラキアでは敵に攻撃しようがしまいが、戦闘が行われると敵のレベルとキャラのレベルによって割り出される値が経験値として加えられる。
・つまり敵からの攻撃を受けるだけでも経験値を得ることが出来る。

以下手順。
・キャラを森や砦などの回避補正の高い地形に配置する。
・八方を敵の弓兵に囲ませる。
・キャラには遠距離武器を持たせない。
・武器を持たせない場合は捕縛されてしまうので攻撃してくる敵は弓兵のみにする。
・敵のターンで弓兵が計八回行動する。
・一度の攻撃で経験値が4得られる。
・4×8=32
・レベルアップに必要な経験値は一律100。
・たった数ターンでレベルアップ!
・敵が持っている弓が壊れたら盗賊のスキル盗むを応用して敵から武器を盗まずに鉄の弓を渡してやる。


ううむ、我ながら凄い方法でレベル上げをしていたものだ。

トラキアは挫折や飽きを繰り返して2年近くかかってクリアーしました。


そしてハードはPSに移り、ティアリングサーガへ。
トラキアをクリアーした自分にとってこのゲームは簡単すぎて楽勝でした。
ていうか簡単でやり直したりしてないからキャラとかあんまり覚えてない。
まあ、そんなに面白くなかったという事実。


次に封印の剣。
終盤のマムクートが弱すぎてなんとも面白くなかったです。
ゼフィールやマードックの方がよっぽど強かったですね。
とりあえずソードマスターとバーサーカーが強すぎ。つまりルトガーとギースが強すぎ。
そして主人公の顔が幼すぎ。

そして烈火の剣。
合計30章近くシナリオに途中で飽きるという始末。
18章ぐらいの闘技場でレベルを上げまくったら力尽きました。
しばらく間をおいてプレイしたところ、レベル上げは全くしないで最後まで行きました。
つまり闘技場でレベルを上げたキャラ固定でクリアーしたということ。
でも烈火の剣の真髄は終章にあります。
その異常なまでの敵に強さ。
本当に考えて戦わないと必ず負けるという難易度。
途中で運の要素が絡まないと倒せないという事実。
終章で仲間になるアトスが強すぎという驚愕。
ゲージの80を遥かに越える120というHPを持つラスボス。
この終章は楽しいですよ。だって最近終章だけやったら最高に楽しかったですから。
もうそれまで育てた主人公達以外のキャラがほとんど使い物にならないというところが抜群に笑えましたね。

封印の剣と烈火の剣はあまり面白くないと書いてあるように見えますが、実際結構面白いですよ。
ただ、どっちも1回しかやってないんですよね。何回もやるほど面白かったというわけではないんです。
スーファミの3作はどれも何回もやってますからね。でもさすがにトラキアや二度とやらないかも。


そしていまやっているのがティアリングサーガシリーズ~ベルウィックサーガ。

なんていうか……



難しすぎだよこれ。
  1. 2006/02/27(月) 15:18:20|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<毎日更新を考える | ホーム | 今こそ振り返るべきだ!あのゲームは本当に面白かったのか!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mudani.blog28.fc2.com/tb.php/154-b7825ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやき

    follow me on Twitter

    ランキング

    rankバナー

    にほんブログ村 ゲームブログへ

    是非ともポチッとお願いします。

    最近の記事

    プロフィール

    Author:ton
    ゲームも漫画も幅広く好きな馬鹿。

    リンクフリーなので自由にリンクしちゃってください。コメントも大歓迎です。

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    巡回先

    ・GAMENEWS WATCHER
    ・ゴルゴ31
    ・朝目新聞
    ・春が大好きっ
    ・ねたミシュラン
    ・LOGIC&MATRIX
    ・Goonie!
    ・名前のない部屋
    ・めっつぉ
    ・世界のショボオン
    ・ファミ通.com
    ・ITmedia +D Games
    ・GAME Watch
    ・Gpara.com
    ・痕跡症候群
    ・こんがり焼あじ
    ・心理学ステーション
    ・小紅堂本舗
    ・公共広告奇行
    ・よしみるくのオレンジ
    ・マンガ一巻読破
    ・無気力通信↓
    ・俺的ニュースの盛りw
    ・情報屋さん。

    リンク

    ・FINAL COUNTDOWN
    ・薙空間
    ・ゲーム世代NEXT
    ・七転八転
    ・あるひとつのゲーム感
    ・光雲流水@ゲープレ日記
    ・野良猫と仲間達が見た戯言な風景

    メール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター

    無料ホームページ ブログ(blog)

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。