無駄に頑張る

ゲームをメインに無駄に頑張ってるblog。 他にも漫画とかニュースとか日常とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最強の竜

オメガを追って次元の狭間に迷い込んだもの。
その名は「神竜」
最強の剣、ラグナロクと共に、ラストフロアの宝箱に眠る。

その強さは計り知れない。
戦闘開始直後のタイダルウェイブは全員に8000オーバーのダメージを与え、時折吐き出すふぶきは全員に5000オーバーのダメージを与える。
さらにアトミックレイの前に平均レベル50程度のパーティーでは生き残ることはできず、通常攻撃も5000オーバーの上に二回攻撃と恐るべき攻撃力を持つ。
そのうえ、いなずまやポイズンブレス、レベル2オールド、レベル3フレア、あくまのひとみ、マイティガード、死のルーレット、ミールストームと多種多彩な攻撃を仕掛けてくる。
はっきり言って勝てるはずがない。


しかし、ネオエクスデスを倒した我々はここに宣言する。
「いざ、竜退治に参らん」


ひりゅうのやりは3本、さんごのゆびわも4つある。
およそ普通にプレイしている分には勝てる要素が揃っている。


挑戦。



敗北。














うむ、勝てる気がしない。














ていうか無理だろ。
圧倒的にこちらの手数が足りない。
神竜早すぎ。













10回ほど挑んだところで無理だと判断。

FF5をやめてボーっとする。

そんな時何気に考えていたこと。














レナとファリスって何回かタイダルウェイブを盾で防いでたな………














あれって確かイージスの盾………














ということは、うまくやればさんごのゆびわはいらないのか………














ひとつの光明が見えた。
この作戦が上手くいけば手数を増やすことが出来る。


その作戦は以下の通りだ。
・手数を増やすにはエルメスの靴を使うしかない。
・しかしさんごのゆびわを装備する必要があるので装備できない。
・そこで、エルメスの靴を装備するキャラにはイージスの盾を装備させる。
・これでタイダルウェイブを防ぐまでやり直す。
・あとはひたすら祈りながら突き刺す。


というわけで、装備は以下の通り。

エクスデス レベル47 ひりゅうのやり  イージスの盾  リボン
               ミラージュベスト エルメスの靴

レナ    レベル46 まさむね     アイスシールド リボン
              しろのローブ   さんごのゆびわ

クルル   レベル47 ひりゅうのやり  アイスシールド リボン
              くろしょうぞく  さんごのゆびわ
 
ファリス  レベル47 ひりゅうのやり  イージスの盾  リボン
              ちからだすき   エルメスの靴


防御力ははっきり言って無駄なので力が上がる装備を優先させる。


いままでの実験の結果、ひりゅうのやり一撃で3000~3500のダメージが与えられることがわかっている。
神竜のHPは55500だ。
ということはマイティガードを使われないで約16回攻撃できれば倒すことができる。


戦闘開始。
まさむねの「さきがけ」でレナがクルルにヘイストをかける。
残り三人はずっと攻撃。














来た、タイダルウェイブだ!














エクスデス、ファリス死亡。














すぐに武器をワンダーワンドに持ち替えて「リターン」














と、まあこれを「三人の攻撃が全て当たる」かつ「エクスデス、ファリスが同時にタイダルウェイブを防ぐ」が成立するまで繰り返す。














10回やれば1回ぐらいは成立する。














たとえ成立しても勝てるわけではないが。














成立後も、吹雪やアトミックレイで主力二人が消されたり、ミールストームが全員に当たってその直後にポイズンブレスで皆殺しにされたり、直接攻撃でひとりずつ息の根を止められたりするわけであって。














ホントに勝てんのかこれ?














ラッキーな時は死のルーレットやあくまのひとみで行動が終わるからいいんだけど、マイティガードを使われたらダメージ半分になるし結局圧倒的な攻撃力の前になすすべもなくやられてしまう。



もはや回復するという考えは無い。
どうせ一回の攻撃で死ぬのだから。
ひりゅうのやりも3本しかないので、レナは死んだら放置しておく。
正直レナに行動が回ってきても困るだけだし。(他の誰かが死んでたらフェニックスの尾をすぐ使う。)





すでに神竜挑戦から3時間は経過しようとしていた。
正直精神的にも肉体的にももう辛い。



繰り返される作業、もう何回全滅したことか。



そんな時、普段なら3回に1回の割合で攻撃が外れるはずなのに8連続でヒットしていた。


いつもなら8回も攻撃することなくやられている。
いままでの最高ヒット数は10が限界だった。
それがスタートしてから連続で8回もヒットするなんて。
あと半分。あと8回で神竜の首を取ることができる。
しかもまだマイティガードを使っていない。
これはもしかすると……














12回目の攻撃が当たる!まだ誰も死んでいないうえにマイティガードも使っていない!


















「レナが殴り殺されました!!」
「構わん!役立たずは捨て置け!」
















14回目の攻撃がヒット!
















「エクスデスの分身が消滅、クルル殿が討ち死に致しました!」
「死者を弔うためにもこの戦、必ず勝利するのだ!全軍突撃ィ!!」














ファリス、痛恨のミス!!
















「なにをやっておるのだ!敵の首は目前ぞ!!」














エクスデスの攻撃!合計15回目のヒット!同時にひりゅうのやりを持ち替えて攻撃したので分身も復活!














神竜の攻撃!














エクスデスの分身が消滅!
ファリスが盾で防いでノーダメージ!















ファリスの攻撃……















ミス!!















「お前クビだ!!」















エクスデスの攻撃!!















命中!!  勝利!!















倒した!倒したよ!





いや、まさか勝てるとは思わなかった。
以下証拠写真。

sinryuu



「りゅうのもんしょう」と「ラグナロク」が確認できる。
その上にはアイテム欄に眠る「ラムウ」「ゴーレム」「カトブレパス」が。


なんていうか、
ネオエクスデスを倒した時よりずっと嬉しいんですけど。


神竜は竜属性という弱点があったから撃破することが出来た。




これですっぴんクリアーにおいて以下の大小関係が成り立つことがわかる。



















オメガとオーディン > 神竜 > ネオエクスデス 




はい、オーディンには勝てません。
スポンサーサイト

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/31(月) 17:58:41|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

焦った

どうも最近パソコンの調子がおかしかった。

DVDドライブのトレーが開かなくなっていたのだ。

いま使ってるパソコンはもうじき2年が経過する。
いままでもDVDドライブの調子が悪くなったら同じ現象が起こっていた。
ドライブとしては認識されているのに、取り出しを何度実行してもトレーが開かなくなるのだ。
そのたびにわざわざ分解してドライブの接続等を見てきたのだが、いつもよくわからないうちに何故か直るという不思議な現象が起きていた。

それを自分はドライブの接続不良だろうと勝手に認識して軽くみていた。


で、実際に本体を分解して接続を直して起動させてみる。














トレーが開かない。














この時点で少し焦る。
だって、自分に出来ることはもうすべてやったのだから。











と、同じことを三回ほどやっても直らない。


いいかげんめんどくさくなってきたので、今度は思い切ってDVDドライブそのものを分解することにする。














DVDレンズとご対面。














が、結局何が悪いのかはわからない。














10分ほどDVDレンズとにらめっこしたあと、何もわからないまままた組み立てる。














起動。














トレーが開いた。














結局何が原因かもわからずに解決してしまった。


世の中には不思議なことがあるものだなぁ。
  1. 2005/10/30(日) 21:53:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の聖戦

わかったことがある。
それは決定的にエリクサーの数が足りないことだ。

しかし金は無い。
となると地道に稼ぐしかない。
それならついでだからレベルも上げてしまえ。
さて、それにうってつけの場所は?


しばらく色々調べて、次元の狭間のレベルチェッカーを相手取ることがベストと判断する。
こいつらなら4匹同時に出てきて1520の経験値をくれる。
しかもエリクサーを落とすこともあるのだ。


作戦決行。














この作業を友人に2時間やらせる。


ありがとう、君のおかげでレベルは47に、エリクサーの数は42になったよ。
本当に助かったよ。
だからそんなに怒るなって。




というわけで、以下が成長後のデータ。

ff5last


携帯からの画像なので少し見にくい。
注目すべき点はアビリティが灰色のままのところ。
これで本当にすっぴんでやってるということが証明できるはず。



で、残り一体になるとメテオを使ってきて全く勝てなくなるのだが、それを打ち破るためにまたもや作戦を立てた。

残り二体にして、HPを調節してほぼ同時に倒すのだ。


再び挑戦。

エクスデスはもう難なく倒せる。
まず戦闘が始まると「さきがけ」でレナが最初に行動できるので、マンイーターに持ち替えて攻撃。
これで2500はあたる。

ずっと攻撃を続けるとそのうち勝手にエクスデスは倒せる。

で、ネオエクスデス。
まずは魔法のランプがゴーレムになるまで使い続ける。
そのあとはレナは基本エクスカリバー、右下を攻撃するときだけビーストキラーにする。
それ以外の装備は特に変えず、クルルはミラージュベストの分身が消えたらルーンアクスを持ち替えて分身を復活させる。
後は殴るだけ。


順調に攻撃を続け、右下撃破。
さあ、こっからが難しい。
とりあえず右上に約45000のダメージを与える。
電卓などを使うとめんどいので頭で概算だけ計算していく。















あ、倒しちゃった。














アルマゲスト アルマゲスト














全滅。









もう一度エクスデスから倒すことに。














と、同じ結末を三回も繰り返す。













ああ、もう戦闘前の長いイベント観るの何回目だよ?














で、4度目の正直。
右上に約40000与えて左上を攻撃し始める。








左上を倒した!













さあ、あとはひたすらAボタン押しっぱなしで攻撃を続けるだけだ!
急げ急げ!













メテオ コメット

これでレナ、クルル、ファリスが瀕死に。






大丈夫!次の攻撃までに倒せばいいんだ!

回復をせずにひたすらAボタン押しっぱなしに。














死ね!早く死ね!頼むって!















メテオ














あ。














しんくうは














え。














レナ、クルル、ファリス死亡。














しかしエクスデス(バッツ)は無傷!














なんと彼は隕石の大群と真空波を「仲間という名の盾」を使って全て回避したのだ!














そしてエクスデスの最後の一撃でネオエクスデスは闇へと消えた。














遂に撃破、エンディングに突入。

感動のエンディングでのシド宛の手紙は
「シド、ミド、元気かい?エクスデスだよ。」
なんてことが書いてあった。


さらにスタッフロール後のこれを見て感動した。


ff5last2


おぼえたアビリティ:0


感無量。
僕はやり遂げました。
FF5すっぴんクリアーを。
様々な仲間に助けられ、
約二名にはレベル上げをさせて、
ついにこの大業をなすことが出来たのです。

この喜びを即座に友人に報告しました。
「ネオエクスデス倒せたよ!」









で、返信されたメールの内容が、
「マジか!お前変態だな!」


変態って………

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/29(土) 23:21:09|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

決戦

いざエクスデスへ。

状態を確認すると、

エクスデス レベル43 あめのむらくも  クリスタルの盾
レナ    レベル42 まさむね     イージスの盾
クルル   レベル43 ルーンアクス   アイスシールド
ファリス  レベル43 ルーンブレイド  イージスの盾

また、全員エルメスの靴装備。
エリクサー17個。
少しエリクサーの数が心許ないが、まあいいだろう。



戦闘開始。


順調に攻撃を続ける。

あ、フレアだ。





即死。






すかさずフェニックスの尾とエリクサーで回復。





あ、ホーリーだ。








即死。








すかさずフェニックスの尾とエリクサーで回復。







まだエクスデスの段階なのに結構忙しいな。


あ、メテオだ。









3人即死。














すかさずフェニックスの尾とエリクサーで回復。
リセット。












3人もやられちゃ無理だろ。









再挑戦。

随分と盾で回避をしてくれる。










そのままノーダメージで勝利。











なんだこの違いは?


ある時は全然勝てなかったり、ある時は楽勝だったり。

やっぱり運なのか



とうとう姿を現したネオエクスデス。
HPは、
右上 50000
右下 55000
左上 55000
左下 60000
である。


まず全員で魔法のランプを使いまくる。
バハムート で 2000
リバイアサンで 1600
オーディン で 左下死亡
シルドラ  で 1400
カーバンクルで 全員無駄なリフレク
カトブレパスで 意味の無いところの石化
ゴーレム  で 2500までの物理攻撃バリアー

ここまで使い、あとは物理攻撃と回復にまわす。

エクスデスとクルルは基本的に攻撃。
エクスデスは1500か3000、
クルルは1000~2500与えることができる。

HPはギリギリアルマゲストを耐えられるぐらいなので、くらったらすぐエリクサーで回復。



とまあ、このような作戦を立てたのだが、









エリクサーが足りない。











ずっと右上を攻撃し続け、やっと倒せるかどうかのときにちょうど無くなる。(何回かやったので検証済み。)


そこで、極力エリクサーを使わないようにする。
手数は増えるがハイポーションで地道に回復をする。


お、なんとかイケルか?

エリクサーが尽きかけた頃に右上と右下の撃破に成功。

これイケんじゃね?














メテオ。














全滅。

















………
















そうか、左上を最後に残すとメテオを使ってくるのか。
よし、さきに左上を倒してしまおう。


そして数十分かけて、右上と左上を撃破した状態にもってきた。

これイケんじゃね?














メテオ。














全滅。

















………















………………














どうしろと?

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/28(金) 17:53:34|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面白さ

2005年水曜どうでしょう第二夜。

仲間数人と共に見ていたのだが、くすりとも笑えるシーンが無かった。

それに対して、他の奴は結構笑っていた。

しかし、自分は今回のどうでしょうは非常に面白く無いと感じた。

自分のどうでしょう歴は長い。
すべての企画を何度も見ている。
対して、他のやつらはそこまでコアなファンではない。
普通に見てどうでしょうが面白いから見るだけだ。
そこに今回の差が生まれたのであろうか。


どうでしょうの黄金期は98~00までだと思う。
それ以降は変に小ネタを使いすぎたり、大泉が有名になってきて大泉自信が妙に偉そうな態度を取ることで(それもひとつのネタだが)笑いを誘っている。
逆にそれ以前はまだ大泉がトークに慣れていなかったり、藤村Dがあまりしゃしゃり出て来ていなかったりと、いささかパンチ力不足の感が否めない。
黄金期はトーク、ぼやき、小ネタの全ての水準が高いと言える。


いまやっているのは02年あたりのノリであり、やはり黄金期と比べるとパンチ力不足である。
しかしそれはそれとして、対決列島やユーコンのような良作ももちろんあった。
だが、あの時期には完全に面白くない企画というものが存在した。

屋久島の釣り対決である。

正直、ディレクター陣も最後の対決はダイジェストで済ませてしまうほど面白くなかった。


今回の「むし追い祭り」はまさしく「屋久島の釣り対決」と同じノリと言える。


第二夜を見るとひどい。
確かにこれは仲間同士で撮ったホームビデオと考えたら相当面白いに違いない。
しかしその面白いというのは、所詮身内ネタであって見てる人全員が面白いと感じるわけではない。
むしろ「どこが面白いの?」と疑問を抱くだろう。
それといっしょで、今回の放送は関係者以外は楽しめないだろう。
唯一面白いと感じられたのは前枠、後枠のみだ。


期待していた分一気に裏切られた気分になった。
もう黄金期のような最高のどうでしょうを観ることはできないのだろうか?
もしもこのまま屋久島の時のようにだらだらで終わってしまったら目も当てられない。
やはり人気が出すぎるというのも考え物か。

テーマ:水曜どうでしょう/リターンズ/クラシック - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2005/10/27(木) 00:24:59|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準備

何事も準備が必要だ。
ネクロフォビアを倒してハイポーションの数も残り少ない。
それに結構盗賊のナイフで盗めることがわかった。
というわけで、いったん帰ってアイテムを調達する。


ついでにフェニックスの塔にも登ってみる。
赤い靴やレインボードレスを山ほど盗んでクリア。


これで倒していない召喚獣はオーディンのみだ。















オーディンの存在は無視して再び次元の狭間へ。
だって勝てねーもん。











次元の狭間で30分かけてようやくあめのむらくもを一本強奪する。

ついでに1時間かけてひりゅうのやりをパクり、セーブポイントまで更に二回水晶竜に遭遇したので計3本ひりゅうのやりを略奪する。



準備は整った。

エクスデス レベル43 あめのむらくも
レナ    レベル42 まさむね
クルル   レベル43 ルーンアクス
ファリス  レベル43 ルーンブレイド


後はエクスデスの息の根を止めるだけ。

果たしてエクスデスはエクスデスを破ることが出来るのか!?

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/26(水) 16:46:09|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

弱点を突く

弱点。ウィークポイント。
戦略ではここをとにかく攻めることが勝利への鍵となる。
それは弱者が強者に対して持ちえる最強の武器。


そう、ツインタニアは聖なる力が弱点だ。


我々が保有する聖なる力。
それはエクスカリバーとホーリーランスだ。
これを用いることによって、通常ルーンアクスで2000程度しか与えられないのにそれを凌駕する3000オーバーのダメージをくらわせることができる。


さあ、弱点をとことん攻めてみよう。














ギガフレア。












弱点を突けば勝てると思ったら大間違いだ。
それだけでは相手の攻撃を凌ぐことができぬ。


彼奴の最大の奥義、ギガフレア。
逆にこれを利用してやろうではないか。


リフレクトリング装備。














ギガフレア。














ぬぅ、ギガフレアは魔法反射バリアを凌駕するのか。


魔法なのにリフレクが効かないってのは矛盾してる気が。
もしかして、そもそも魔法じゃないの?




うぬ、孫子にも書いてあったな。
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」と。


状況を整理しよう。
エクスカリバー、ホーリーランスで3000。
ルーンアクスで2000を与えられる。

また、エクスカリバーを持つエクスデスにはエルメスの靴を、ホーリーランスを持つファリスにはさんごのゆびわを装備させる。
クルルはルーンアクスとフレイムシールド。
レナはまさむねとイージスの盾。

戦闘開始と同時にまさむねの「さきがけ」でレナが最初に行動できる。
これですぐにファリスにヘイストをかける。

残り三人はずっと攻撃。
誰かが死んだ場合、エクスカリバーとホーリーランスのふたり、特にエルメスの靴のエクスデスを優先的に生き返らせる。

回復はレナとクルルでまかなう。

もうこの際だからエリクサーを使ってもよい。


さあ、これで己を知ることができた。
あとは殺るだけ。














ファリスのホーリーランスがツインタニアの頭に深々と突き刺さりツインタニアは息絶えた。












やっぱり運なのか?




ラストフロア突入。

間抜けなギルガメッシュ兄さんをボコボコにして先に進む。



バリアに守られたネクロフォビア。

一回はやられたが、二回目は地道にバリアをひとつずつ破壊してバリア撃破。

鎧を剥がれたネクロフォビアは全てが弱点という間抜け。
ミールストームすら使ってこなかったので楽勝。

そんなこんなでギルガメッシュ登場。
これでやっと最後のセーブポイントが出る。

なんだかんだいってもよくここまでやったなと感慨にふけっていた。








その時言葉があった。















盗賊のナイフで源氏の鎧盗めねーかな?(独り言)














実行。







エクスデスに盗賊のナイフを装備させて攻撃させる。














「ぶんどる」














「げんじのよろいをぬすんだ!」













………
















こんなに簡単に盗めたっけ?












一回目の攻撃でいきなり「ぶんどる」が出てしかも成功してやんの。
「盗賊のこて」すら装備してないのに。

盗まれても普通にかっこいい話を続けてるし。


あ、自爆した。











なんか簡単に盗めた驚きでいまいち感動が無い。









しかも源氏の鎧は絶対に使わないアイテムだし。


どうせなら盾よこせよ。それなら絶対使うから。

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/25(火) 17:51:20|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボス連戦

気を取り直して次元の狭間へ。
どうにかアンクヘッグから逃げて先に進む。




森の中でリボン入手。
これでルゴルの村のリボンも合わせて合計4つ。
みんながリボンを装備できると中々強力になる。




で、カロフィステリ。
攻撃する度にドレインを使ってくるが、攻撃をエクスデス(バッツ)のエクスカリバーとクルルのルーンアクスに絞って撃破。




オメガの洞窟を進み、さんごのゆびわを拾い先に進む。
ここでオメガを避けるのに5分はかかった。
なんであんなに避けられなかったかな?




で、アパンダ。
ほのおのロッド連発でよそ見してても勝てる。




次元の塔のにんじゃが鬱陶しくて仕方が無い。
正直アパンダより強いし。




先に進みアポカリョープスとの陣取り合戦。
ぬ、中々やるな、おぬし。
とにかくレベル2オールドとホワイトウインドがひどかった。
運悪くルーンアクスのクルルとルーンブレイドのファリスが2の倍数で老化がぐんぐん進行していき全くダメージを与えられなくなる。
さらにマイティガードでダメージ半減だし。




ホワイトウインド使ってHP残量がわかると思って期待して見てたら7000近く回復した時にはへこんだね。

だってその時既に4人で1ターンに3000当たるかどうかだったもん。




というわけで、リセットして再挑戦。
今度はレベル2オールドを使ってこなくて意外と簡単に倒した。


やっぱ運か………



ようやくセーブポイント入手。
さあ、アルテロイテ狩りだ。




おまえら多いよ。

もう、こいつらで何が頭に来たかって、大した強くないくせにサークルを使ってキャラ減らすことで総ダメージ量を減らして粘るところ。

お前らアホか?
はっきり言ってめんどくさいだけだった。




で、カタストロフィー。
なにこの雑魚?
あんまなめんなって。




やっとエルメスの靴を入手して、戦闘速度が一気に上がる。
(いままで金が無くて1つも買えなかった。)




ハリカルナッソス。
クルルルルーがめんどくさいんだよな。




「クルルルルー」









変化無し。









……あっ、みんなリボン装備してるから効かないんだ。













楽勝。










全く労せずハリカルナッソスを撃破し意気揚々とツインタニアのもとへ。
さんごのゆびわやフレイムシールドを装備しているのでタイダルウェイブやアトミックレイはあまり怖くない。
エクスカリバーで3000あたるし。
順調順調。


ん?


えーと………









ギガフレアまでに倒せません。



ラストフロアを目前にして夢破れるのか?

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/24(月) 19:06:59|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三冠馬

史上6頭目、11年ぶりの三冠馬が誕生した。
無敗の三冠馬はシンボリルドルフ以来の21年ぶりとなる。

ディープインパクト。

その世代の中で飛びぬけた能力を持ち、遂に菊花賞を手中にし三冠馬となった。
7戦7勝。内、GⅠ3勝。
皐月賞、ダービーではまだ脚を残しての勝利にその実力差を見せ付けた。

しかし今日の菊花賞、スタートが良すぎたせいか馬が行きたがっていた。
それを上手く制したのがさすが名手武豊。
道中抑えて、いつものレース展開をさせる。
大逃げを決行したアドマイヤジャパンとシャドウゲイト。
最後のコーナーでシャドウゲイトは捉えられたが、早めに仕掛けたアドマイヤジャパンが粘る。
直線の短い京都、しかも絶好の乗り方をしたアドマイヤジャパン。
普通ならば粘り勝つことができる。
だが相手は同世代最強馬。
ディープインパクトは直線でアドマイヤジャパンを差し、さらに2馬身差をつけて完勝した。

一着ディープインパクト
二着アドマイヤジャパン
三着ローゼンクロイツ
四着シックスセンス
五着フサイチアウステル

二着と三着の間には4馬身差があった。
ということは、ディープインパクトという怪物がいなければ勝っていたのはアドマイヤジャパンのはずだった。
実際、能力的にはアドマイヤジャパンよりもシックスセンス、ローゼンクロイツの方が上だと見ている。
今回のアドマイヤジャパンの乗り方はそれだけ完璧だった。
怪物が本領発揮したら敵はいないということか。


それにしても、今回インティライミが出走できなかったのは非常に惜しい。
もしも出走してきてアドマイヤジャパンと同じ完璧な乗り方をしていたら。
ダービーでは完璧に乗ったが東京の長い直線でディープインパクトに敗れることになった。
直線の短い京都ならばもしかしたらディープインパクトに一矢報いたかもしれない。
ディープインパクトは抜群の能力の他に運も兼ね備えているのだろう。
さすが英雄。


これから古馬と戦うことになってどうなるのかが非常に楽しみである。










ま、結局馬券は外れたんだけどさ。
絶対ディープ、シックス、ローゼンの三連単で当たると思ったんだけどな。
くそ、横山め、うまい乗り方しやがって。

テーマ:ディープインパクト - ジャンル:ギャンブル

  1. 2005/10/23(日) 17:02:40|
  2. ギャンブル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

説教

今日は後輩を説教してたから更新の時間が無い。

というわけで今日のFF5は無しの方向で。


まったく、仕事をする際に「自分で考えて行動する」ことがなんでできないんだ。

共同で仕事をする際の基本的なことだろ。

大体、自分で行動できないのにこれから下に教えていくことができるわけないだろう。

もう二十歳過ぎてるんだから、みんなしっかりしてくれよ。


以上、愚痴でした。
  1. 2005/10/22(土) 23:41:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

召喚獣色々

とまあ、イストリーの滝まで来た。

しかしこれといったことは何も無くクリアーしてしまったので書くことが無い。


まあ、あげてみるとすれば、

まもりのゆびわを取るためにダッシュしなければならないのでシーフにジョブチェンジし、その際に敵が出現したらリセット決定なのでひやひやしたこと。

とか、

調子こいてリバイアサンに挑んだらいかずちのロッドが足りなくて返り討ちにあい、結局無視して帰ってきたこと。

ぐらいかな。

あとは強力な武器のルーンブレイドを入手したぐらいしか。

あ、リフレクトリングも取った。

それとやっとまさむねを使うとヘイストの効果だと知った。
これが知ってるのと知らないのでは大違い。


とまあ、いったん帰っていかずちのロッドを補充し、リバイアサンに挑んだら楽勝だったのはちょっと拍子抜けしたかな。


で、リフレクトリングも一個あるから調子にのってバハムートに挑む。


なんていうか、意外と勝てるもんだね。


確かに一回目の挑戦ではアースシェイカーなり色々やられて負けたんだけど、二回目になるとわりとすんなり。

みんなにヘイストかけて、ルーンアクスやルーンブレイドで切り刻むだけ。

メガフレアはエクスデス(バッツ)のみが跳ね返して、他は死んだけどどうにか退治できた。


なんかとんとん拍子にリバイアサンとバハムートに勝てたから、これはオーディンも楽勝だろうと思いオーディンに挑戦。













見事真っ二つにされた。











いや、1分じゃ無理だよ。
不可能だって。
一撃で5000とか与えられるんなら倒せるんだろうけどね。
いかんせん最大ダメージが2000ちょいじゃどうしようもない。



てなわけで気を取り直して次元の狭間へ。














最初の砂漠の雑魚、アンクヘッグ3匹の地震三連発で全滅する。











ここでやられてたらもう先に進めないだろ………

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/21(金) 21:34:10|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

久々の水曜どうでしょう

2005年の水曜どうでしょう。
去年は、2005年にはスペインで牛追い祭りに参加すると言っていた。

満を持しての水曜どうでしょう。
誰もが牛追い祭りをやるだろうと思っていた。

それが「虫追い祭り」になるなんて。

素晴らしい。

素晴らしい前フリだ。


さすがかつては日本一長い料理番組をやっただけはある。

まさか前フリで一年以上も使うとは。


そのことを知ったときの大泉さんの顔といったら………

最高だった。

久々にホントにリアクションに困ってる大泉さんを見た。

それと同時に、安田さんONちゃんの更に磨きがかかったコミカルな動きにも笑わせてもらった。


今回特によかったのはその二点。

他はこれといって何も無かった。

まあ、企画発表がメインだからそこまで小ネタは挟めなかったんだろうけど。

でも最後の「いきなり企画が破綻する」で終わったのは非常に良かった。


やっぱり久々のどうでしょう、この先の展開を期待しています。

テーマ:水曜どうでしょう/リターンズ/クラシック - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2005/10/20(木) 00:09:51|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダメージ床の恐怖

大海溝へ。
「すべてをしるもの」という山場を越えたばかりなのでかなり気分はいい。

それを裏切ってくれたのは正体不明だった。
とにかく、こいつらはうざい。
戦闘に時間がかかりすぎる。

というわけでオール逃げを決行。

ほのおのゆびわを手に入れてドワーフの国へ。
ここでハイポーションが売ってないことに初めて気づく。

まいった。ここで買えるとあてにして散々ハイポーションを使ってきたのに。

ハイポーションが残り少ないが先に進む。

それにしてもここのダメージ床は凶悪だ。
一歩で100もダメージをくらう。
ということは一歩320ギルだ。
十歩進むだけで3200ギルもかかる。
しかもかなりの数のダメージ床を踏まなくてはならない。


そんなわけでハイポーションを使い尽くした。






しかもまだボスにはたどり着けない。







それでも何とか歩き続ける。

そしてどうにかこうにか全てのスイッチを押してボスの前まで行く。



みんなHPは1だ。







ハイポーションもポーションも無い。


エリクサーを使うと200000ギルかかる。

さすがにそれは出来ない。





というわけで、
戦闘に入っていやしのつえで回復することにする。


ひと殴り約400という気の長い作業。
それでもなんとか全快する。


そしてようやくトライトン・ネレゲイド・フォーボスへ。

作戦は既に考えてある。
10000ずつダメージを与え、あとはいかずちのロッドを連発する。

戦闘開始。


吹雪。









ファイガ。









バイオ。









全滅。


















泣きたくなった。
















回復する手段がエリクサーといやしのつえしかないからどうも回復のしようが無かった。

エリクサーもったいなくて。





気を取り直して再びダメージ床から再挑戦。


今度は開き直って、
むしろ最初からボスまでHPを回復させずに進む。


逃げ続けるだけでわりとすんなりボスの前まで行くことができた。
なんとハイポーションが30個近く余っている!!


イケル!


今度は装備をきちんとして、ほのおのゆびわ、アイスシールド、フレイムシールドを装備して戦闘を開始する。


今回は全然苦戦しない。
順調に10000ずつダメージを与えていき、いかずちのロッドを連発する。
いかずちのロッドは700程度しか与えられないので結構何度も使う必要がある。

どうにか撃破。
最初にやられたのが嘘みたいだ。


しょせん大海溝の最大の敵はダメージ床ということか。

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/19(水) 21:12:09|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

全てを知る者

フォークタワー。
フレアとホーリーが眠る場所であり、パーティーを分割しなくてはならないダンジョン。
普通にプレイしているなら物理攻撃ふたり、魔法攻撃ふたりと分散できるのだが。

なんたって今回は魔法を買ってすらいない。

持っているのはエスナ、テレポ、レビテト、ミニマム、トードのみだ。
召喚獣にいたってはラムウ、ゴーレム、カトブレパスはまだアイテム欄で眠っている。


まあ、とりあえずは実験ということで二手に分かれて登る。

左側の塔。
雑魚強くね?
なんか普通に殺られるんですけど。
全て逃げることにする。

登りきったら右側の塔へ。
いや、こっちの雑魚も強いって。
シャレにならんわ。
全て逃げることにする。
登りきってやっとミノタウロス戦。
ここで右側が魔法だと勘違いしていたことに気づく。

即リセット。

再挑戦。
まだ「すべてをしるもの」の実験すらしていない。

どうにかミノタウロスを撃破し「すべてをしるもの」戦へ。


とりあえず炎のロッドを使ってみる。
これでリターンされなければ勝機は見える。

どうだ!?













リターン。













………













さあどうしようか?









まいった。考え得る唯一の方法だったのにこうもあっさり敗れるとは。








じゃあアレは?


というわけで「魔法のランプ」発動。

バハムートがメガフレアを放つ。








リターン。













………














いや無理だろ?

こうなんでもかんでもダメだってんなら。


ねむりのけんで眠らない?









眠らないね。








万策尽きたよ。



……じゃあアレはどうかな?



おもむろに「ちからのつえ」を装備してぶん殴る。






ピピピピピピ。









………











「すべてをしるもの」がバーサーカーに成り下がった。
まさかバーサクが効くなんて。

やっと活路が見出せた。
勝てると確信した。







でもファリスが1000以上のダメージをくらってた。






やっぱり勝てないんだな。

でもここまで活路は見出すことができた。
となると、ここらへんで恒例の作戦タイムだ。

まず、バーサクが効くことはわかった。
これで倒すことは可能になった。
しかし脅威なのはその攻撃力だ。
「すべてをしるもの」はぶん殴るだけで1000以上のダメージがあたる。

「すべてをしるもの」は格闘技も知っていた。

驚愕の事実だった。
「すべてをしるもの」はまさしく全てを知っているのだ。
バーサクの回避方法は知らないケドな。

今のHPは平均1500~1600ぐらいだ。
奴の攻撃を二回も耐えられないのである。
ということは、まず守備力を上げなければならない。
ミノタウロスに挑む奴らよりも頑強な装備にしなくてはならない。

冷静に考えてみるとミノタウロスとバーサク状態の「すべてをしるもの」が戦ったら「すべてをしるもの」が勝つ。

それぐらい「すべてをしるもの」は強い。


とりあえず、装備を強力にして再挑戦する。










ダメだった。

魔法を使わない「すべてをしるもの」は無敵だ。


二人ではどうしようもない。

そのとき悪魔のささやきがあった。



なにも2-2で分ける必要ないんじゃない?
1-3でもいいんだよ。











決行。







ミノタウロスにはエクスデス(バッツ)、「すべてをしるもの」には残り三人で挑む。













ミノタウロスに勝てない。

むしろミノタウロスまでたどり着けない。

どうしろってのよ?

改めて作戦を。
・エクスデス(バッツ)はミノタウロスと一騎打ち。
・そのためにミラージュベスト装備。
・エリクサーの使用を許可する。
・登りきれるかどうかは運。



この作戦がうまくいき、どうにかミノタウロス撃破。
150000ギル(エリクサー3個)使ったけど。


やっと三人で「すべてをしるもの」へ。
開始するとちからのつえで思いっきりぶん殴り理性を失くす。
やつの攻撃は確かに強いが、二人を回復にまわせばじわじわとダメージを与えられる。
時間はかかったがなんとか撃破。
長かった。
こんな山場は「封印を守る者」以来だった。

どうにかこうにか、今回の最大の山場だと懸念していたフォークタワーの攻略に成功した。

何度挫折を考えたことか。

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/18(火) 22:46:05|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

伝説の武器

封印城クーザーへ。
遂に伝説の武器を入手できる。

・エクスカリバー
・ホーリーランス
・まさむね
・さすけのかたな
・アサシンダガー
・ルーンアクス
・アポロンのハープ
・ファイアビュート
・ウィザードロッド
・けんじゃのつえ
・よいちのゆみ
・だいちのベル

さて、何を選ぼう。

エクスカリバーとルーンアクスはすぐに決まった。
エクスカリバーは言うまでも無く高い攻撃力を誇る。
ルーンアクスは攻撃力自体はかなり低いが、MPを消費することで確実にクリティカルが出るという優秀な業物だ。


すっぴんでMPの使い道に困っていたから丁度いい。


で、残りひとつが悩む。
候補に挙がったのはまさむねとよいちのゆみ。
しかし、今回のプレーで弓の強さがわかったので(特にエルフィンボウ)よいちのゆみを選択。

これで武器はエクスカリバー、ルーンアクス、よいちのゆみ、ツインランサーに。


蜃気楼の街によって、クリスタルの盾等のアイテムを購入。
ついでに盗賊のナイフ、ミラージュベスト、魔法のランプも取っておく。

で、やっとエルメスのくつを店で発見。
これでだいぶ楽になると思ったが金が足りなかった。


戦力を大幅にアップして孤島の神殿へ。
難なくガーゴイルを退け中に侵入。
途中の宝箱で苦労してインビジブルを倒しライジングサンを手に入れ、これで更に戦力アップだと思ったら既に装備するに値しない強さだった。

途中のビーストキラーは使ったけどね。


それにしても、ここの敵は弱い。
なんだこの弱さは?
本当に俺たちはすっぴんなのか?
って考えるくらい弱い。

しかしそれは間違いだった。
エクスデス(バッツ)達が強くなっただけだった。

考えてみると当たり前である。
伝説の武器を何でも装備できるのだ。
普通はバーサーカーなんて使わないから大抵ルーンアクスの強さに気づかずに終わる。
しかも普通は一人ないし二人は魔道士を入れるはずである。
みんながみんな物理攻撃メインの伝説の武器を率先して入手することはないのである。
最初に選ぶ基本はエクスカリバーやけんじゃのつえ、ウィザードロッドのあたりだ。
全員物理攻撃しかしないようなおかしな状況じゃない限り最初の石版で一気に物理攻撃強化とはいかないのである。
すっぴんだからなしえた技であると言えよう。


伝説の武器のおかげで与えるダメージは、
エクスカリバーで1500。
ルーンアクスで1000~2000。
よいちのゆみで1000。
ビーストキラーで800。
一昔前と比べて大分成長したようである。


というわけで雑魚戦に苦戦せずにストーカーへ。
楽勝。

もう、これ以上書くことも無いぐらいあっさりした勝利だった。


しかし、次は最大の山場だと思われるフォークタワー。
果たして「すべてをしるもの」は魔法を使わないで「すべてをしるもの」を倒す方法を知っているのか?

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/17(月) 22:49:16|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レナ不在

アントリオン出現。
まだファリスもいないので二人で戦うことに。
地味に強い。
そしてここで初めて老化の脅威を知ることに。
老化したら通常攻撃があたらないこと。
クルルがずっと老化してて実質ほとんどエクスデス(バッツ)のみで倒したようなものだった。
印象的にはエクスデスよりも強かったかも。


ファリスが加入してギードのもとへ。
枝から正体をあらわすエクスデス。
ずっとクルルにくっついてたんならおまえら気づけよ。


古代図書館に行き、ピラミッドを目指す。

で、ピラミッド。
入り口のガーゴイルは4000ずつ与えた後にほのおのロッド連発で同時撃破を可能にする。


そういえば第二世界では結局ロッドはほとんど使わなかったな。
ギルガメは絶対勝てないと思って存在すら無視したし。


で、中を探索。
ラミアのたてごとが効く敵が結構いるからいいものの、やはり3人は辛い。
それにしてもブランドラミアにラミアのたてごとが効いてもいいのか?

途中で出てくるセクメトは軽く撃破。
宝箱を開けると高確率で出現するのろわれしものもラミアのたてごとのおかげで無難に殲滅していく。

ここで一番頭にきたのはゼファーゾーン。
戦闘にやたら時間がかかる。
というのも、ゼファーゾーンが召喚する敵をラミアのたてごとで混乱させてその間にゼファーゾーンを倒そうとするのだがこれがやたらに硬い。
一回倒すだけで5分はかかる。
しかもやたらエンカウントが高い。
逃げれない時はぜんぜん逃げれない。
しかもピラミッドは全体的に戦闘が激しいのでやたらとハイポーションを消費する。
もうここいらが限界だった。
一度帰ってアイテムを調達してこないとこれ以上先には進めなかった。
だってハイポーションがもう無かったんだから。









時魔道士にジョブチェンジしてテレポを使ってしまった。












もう我慢の限界だった。
さすがに歩いて帰ることは出来なかった。
ハイポーションが無くてもいやしのつえで戦闘の度に回復すれば確かにちゃんと帰れるんだけど………

もう、ストレス値が最大だった。
既にピラミッドに入って2時間が経過してたから。




ちょっとの間、自己嫌悪になった。














気を取り直して、再びピラミッドへ。
やっと2個目のリボン入手。
のろいのゆびわやアイスシールドも入手。


で、バハムートに会う。


バハムート「北の山で待っている。」






北には山は無いっての。

いいかげんなこと言うなよ。







で、メリュジーヌ戦。
こいつはバリアチェンジを使うので常に属性を調べつつ戦う。

小手調べに戦闘開始と同時にほのおのロッドを使うと3000近くあたったので今の弱点は炎だと判明。

すかさずフレイムタンとほのおのロッドで連続攻撃。



そのまま倒した。




………







バリアチェンジがメインなのに一回もバリアチェンジせずに終わるのはどうなんだろ?






あまりにもあっさりしすぎて少し焦る。

やっとレナ再加入アーンド飛空挺入手。



で、古代図書館がエクスデスに消されて初めて「まりょくのうた」を取り忘れたのを思い出す。

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/16(日) 00:07:55|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

VSエクスデス

いざカーバンクル戦。
楽勝。


いざギルガメッシュ戦。
楽勝。


でも普通に出てくるブルードラゴン3匹には必ず負ける。



エクスカリパーを入手してとりあえずセーブ。
ハイポーションが30個、フェニックスの尾が5個。
念には念をと、再び歩いて帰ってアイテムを調達する。
テレポが使えないのでめんどい。



準備万端でいざエクスデスへ。
エクスデス(バッツ)はアイスブランド、レナははやてのゆみや、クルルはフレイムタン、ファリスはツインランサー。
レベルは平均35。
とりあえず一回目は作戦など立てずにぶつかってみる。


戦闘開始。
エクスデスは結構硬い。アイスブランドで700、はやてのゆみやのみだれうちで1200、フレイムタンで600、ツインランサーで800といったところだ。

アースシェイカーやしんくうはを連発してくるエクスデス。
でもアースシェイカーは封印を守る者でくらい慣れていたのであまり脅威に感じない。
連発してこないし。
しんくうははエルフのマントやダイヤのたてで避ける避ける。
まあ、くらったらほぼ即死なので避けてくれないとどうしようもないんだけど。
厄介なのは死の宣告。死亡確定なので多少戦略が変わってくる。

やはり向こうの攻撃は熾烈を極めて、こちらにもなかなか攻撃の機会を与えてくれず、防戦が多くなる。
それでも少しづつダメージを与え続けた。

思ったよりもイケル。これなら勝てるぞ。封印を守る者の方がよっぽど強かったな。と思っていたら二回攻撃してきやがった。


向こうの一度の行動で死体がひとつ増える大惨事に。

またもや防戦一方となるが、ファリスにだけは常に攻撃をさせ続ける。
そろそろ限界かなと思った頃にエクスデスは倒れた。

勝つときはあっさりしたものである。


封印を守る者を倒した時の方が何倍も感動した。


消費ハイポーションは60個。
消費フェニックスの尾は8個。
戦闘時間20分。


大規模な戦いである。
でもたった一度で勝ってしまうと何も感じるものが無い。


なんともあっさりした勝利だった。

とりあえず第三世界に突入し、エクスデス(バッツ)はクルルと共にタイクーン城を後にした。

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/15(土) 18:08:54|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いざエクスデス城へ

感動の勝利のあと、エクスデス登場。

遂にガラフが他の暁の4戦士のもとへ旅立った。


死んだガラフに対してレイズやケアルガを使うレナとファリス。






ちょっと待て。






そんな魔法を買った覚えは無いが?

しかもへたしたらそんな魔法の存在すら知らないだろおまえら。


と、少しほくそえんでイベントを進行する。

ガラフと入れ替わりにクルルが下僕仲間に。


ムーアでアイテムを調達し、いざエクスデス城へ。

階段を上っても城に変化が起きないので道を間違えたかと少し不安になりつつも進軍。


あってた。



ぐんぐんとエクスデス城を進む。
実はここの敵はあんこくまどうしとレッド、イエロー、ブルードラゴン以外にはラミアのたてごとの混乱が効くので比較的楽に進む。

しかしエクスデス城の最大の敵は他にあった。


ダメージ床。


1歩進むたびに全員が50ダメージをくらうトラップ。
1歩でポーション4個消費。
つまり1歩160ギル。

これは痛い。

しかも戦闘に入った時にHPが減っているとかなりの苦戦が強いられるので10歩ごとに回復することにする。

10歩で1600ギル。




まったく、エクスデス城ってところは金のかかるところだ。




というわけでポーションとハイポーションの消費量が激しい。
最初のセーブポイントで既に半分近く無くなっている。
めんどいが一度帰ってアイテムを買ってくる必要があるな。


最初のセーブポイントを越えたあたりで各色のドラゴンが出現するようになってきた。
こいつらはある意味ここの最大の敵と言ってもいい。


だってイエロードラゴン2匹とブルードラゴン3匹には絶対勝てないんだもん。


封印を守るものっていう強力なボスには勝って普通の雑魚には手も足も出ないなんて………


いままで全く逃げるという選択をしていなかったがとうとう逃げることになってしまった。
ああ、これでブレイブブレイドもチキンナイフもどっちも中途半端な強さになって使えなくなる。


途中でアイスブランド、はやてのゆみや、ツインランサーを入手。
これで一気に戦力アップ。
ツインランサーやはやてのゆみやのみだれうちでダメージ1000を突破可能になった。
武器はこれにフレイムタンを加えたものとなる。


一回歩いて帰ってアイテムを購入してくることに。
その際にあんこくまどうしからちからのつえを2本入手。


さあ、果たしてカーバンクル、ギルガメッシュ、エクスデスに勝てるのか?

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/14(金) 21:54:42|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

続・最強最悪の敵

さてと、冷静に考えてみよう。

アクアブレスは撃破できた。
しかしファイガの予想以上のダメージに敗北した。

では他はどうなのか?
これは検証の必要がある。


というわけでやってみた。

アクアブレスを倒して、次に下を狙う。
アースシェイカーを使ってきたものの、アクアブレスと同じ戦法で撃破。

次に後ろを狙う。
エアロガを使ってきたものの、アクアブレスと同じ戦法で撃破。


今回こそいけるんじゃなかろうか?
残るはファイガ一体。
他の三体を倒すのにすでに10分経過。

いけるはずだ。


挑戦。











ファイガで全滅。









おかしいだろ!あのダメージの違いは!?


なんでアクアブレスでもアースシェイカーでもエアロガでも500~600前後のダメージなのにファイガだけ800前後もくらうんだよ!!

しかも火炎属性だと!?
わざわざこの時点で一番強力な武器のフレイムタンと同じ属性にしやがって!!

なんだ!?そこまでしてすっぴんでクリアーさせたくないのか!?

このやろうふざけやがって!レベルを上げないと勝てないってのか!?

レベルを上げて勝ったら結局はレベルさえ上げれば勝てるってことになってすっぴんクリアーをする意義が薄れるんだよ!!






とりあえず一度キレて冷静になる。



さて、どうしたものか?

他に作戦も思い浮かばないので戦うだけ戦ってみる。

しかし結果はやはり最後の最後でファイガに敗れる。

それでもめげずに何度も何度も戦いを挑む。

いつになっても勝利は見えず、挫折という選択肢も思い浮んだ。

はぁ、どうしたもんか?







ん?





またファリスがエルフィンボウでクリティカルを出してる。
クリティカルが出るのはランダムだから4500までの計算がしにくくなるんだよな。
序盤で出たら1000あたるから一気に減らせて嬉しいんだけど、4000ぐらいの時にあたると累計ダメージが5000を越えて全体攻撃魔法を使ってくるようになるからうまく作戦が機能しないんだよ。
しかもクリティカルが出る代わりにミスも結構出るんだよな。





1000かぁ………





ん?





どうにかしてファイガを一回しか使わせないで倒せばいいんだよな?
でも作戦で必要なダメージは総攻撃開始からで3200必要で、さらに向こうの方が行動が早いからいつも二回は攻撃されるわけで。
二回目が来るまでにこっちの総行動回数は大体5回ぐらい。
その5回のうちに3200以上与えれば倒せる計算になる。





クリティカルねぇ………やってみるか。










ムーアでエルフィンボウ3つ購入。







さて、今回立てた作戦は以下の通りである。

・まず、いままでの作戦通りファイガ以外を殲滅する。
・次にファイガに4500のダメージを与える。
・そして全員を後列にして、エルフィンボウを装備させる。
・ラストに総攻撃を開始してクリティカルが出ることをひたすら願う。


これぞまさしく神頼み。

いや、自分はもう運にかけるしかないんだ。


ダメでもともと、やってみるだけやってみよう!

てなわけで戦闘開始。
ファイガ以外はいつもどおり順調に撃破。
残るはファイガ一匹になったので、とりあえず4500ダメージを与える。

ここから作戦決行。

みんなエルフィンボウを装備して後列に下がっていく。
そしてきたるファイガのためにHPを回復しておく。




いくぞ!!






エクスデス(バッツ)の攻撃!
いきなりクリティカル!1000!








レナの攻撃!
痛恨のミス!







ファリスの攻撃!
びっくりクリティカル!1000!








ガラフの攻撃!
つっこみどころなく普通にあたる。500!









イケル!これイケルぞ!
頼む!後はミスだけしないでくれ!










ファイガ!
全員800前後くらう!








頼む!頼むって!当てろ!当てろ!当てろ!









エクスデス(バッツ)の攻撃!
命中!500!









レナ!当てろ!もう当たりさえすればいいんだ!
誰ももうクリティカルなんて願っていない!
ただ、いまは命中させるだけでいいんだ!
頼む!








レナの攻撃………














命中!!!







勝利!!














長かった。
本当に長かった。
挫折をしようとした時もある。
マジギレした時もある。
でも、そんな苦難を乗り越えたからこそ得られるものだってあるんだ。
「封印を守る者」を倒せたときはこんなことを考えてしまったよ。














こいつらでここまで苦戦してるのに果たしてエクスデスに勝てるのか?

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/13(木) 23:51:09|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最強最悪の敵

ムーアの大森林へ。
この辺からやたら敵のHPが多くなってきて戦闘に時間がかかる。
イージスの盾、フレイムタンを入手してボス戦へ。

封印を守るもの。間違いなくいままでで最強のボスである。
とりあえず攻撃パターンを見るために一体を集中攻撃してみる。
アクアブレス連発で全滅した。

ここで、今回の戦闘と今までの記憶をたよりにこのボスの情報を考える。

・HPは7777。
・最初は通常攻撃しかしてこない。
・ある程度ダメージを与えると全体攻撃魔法のみを使ってくる。
・それは大体4500~5000。
・全体攻撃魔法は全員600前後くらう。
・今のパーティーならギリギリ二回まで魔法を耐えられる。
・上のやつは火炎属性なのでフレイムタンが吸収される。
・ねむりのけんの追加効果は効かなかった。

こんなところだ。

また、それぞれ与えられるダメージは、

・エクスデス(バッツ)がフレイムタンで700。
・レナがモーニングスターで500。
・ガラフがグレートソードで500。
・ファリスがエルフィンボウで500。クリティカルが出れば1000。

平均して1ターンで2000前後のダメージをあたえられることとなる。


そこで今回は次のような作戦を立てた。

ようは、全体攻撃魔法を二回くらう内に倒しきってしまえばどうにかなる。
また、HPが少なくならない限り全体攻撃魔法は使ってこないので各個撃破が可能。
ということは一体でもいいから倒す方法を見つければ勝利は可能。


しかし初戦では一体も撃破することなく全滅。
次に一体を撃破するための方法を考える。

全体攻撃魔法が三回使われれば全滅する。
ならば使うギリギリまでHPを減らして一斉攻撃するしかあるまい。


以上の作戦を立てて再挑戦。
暗算で約4500前後与えたことを確認する。
パーティ全員のHPを限りなく満タンにしておく。
攻撃開始。

さあいけっ!!


一回目のアクアブレス。
大丈夫、まだいける。


二回目のアクアブレス。
間に合うか!?


三回目のアクアブレス。





鬼だ。





どうやら普通にやっても倒せないらしい。
そこで、限りなくこっちが行動するように考えてみる。

まず、4500前後与えてパーティを回復するまではいっしょ。
次に一番ダメージを与えられるエクスデス(バッツ)の行動の時に、他の三人の行動タイムが満タンになるまで待つ。
そしてこれから倒すべきやつがこっちに攻撃してくると同時にこっちも攻撃を開始する。
これが思いつく限りの最大行動数だった。
こうすることで相手との行動タイムラグを一番大きくとれるハズ。


実行。



一回目のアクアブレス。
きやがったなこんちくしょー。




二回目のアクアブレス。
頼む、早く死ね。




撃破!!





おおっしゃ!!





と、実際に叫んでしまうぐらい興奮してしまった。


ここまで考えるのに既に一時間。
やっと活路が見出せた。

イケる。

確信した。


エクスデス(バッツ)はフレイムタンをエアナイフに持ち替えて、今度は上のやつの殲滅に取り掛かる。

作戦通り、あとはさっきと同じ方法で倒すのみ。



一回目のファイガ。
全員が800前後くらう。










え?











えーと、みんな残りHPが500ぐらいしかないんですけど?







二回目のファイガ。
全滅。









………










とりあえずFFをやめて少し眠ることにした。

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/12(水) 22:30:14|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

武器は重要

ギードのほこらへいったら沈んだのでとりあえずサーゲイト城へ。

グレートソードと使うことの無いレビテトを取って船団へ向かう。
武器はダンシングダガー、グレートソード、かぜきりのやいば、ラミアのたてごと。

ゼザに会う。
ゼザやガラフがこんなに頑張ってるのにケルガーは何をしているのか?


というわけで三回目のギルガメッシュ戦。
エンキドウの野郎、なかなか手強いな。
あまり問題なく勝利。

バリアの塔に侵入。
最初の宝箱でいきなりイエロードラゴン二匹。
稲妻を連発されて敗北。

稲妻対策として魔法防御を上げるように防具を選択。
いざ、と意気込んで宝箱を開けたら今度はレッドドラゴンが出てきた。


オレの努力は?


中からはブラッドソードを入手。なかなかの攻撃力。
これは素晴らしいと意気込んで装備して戦闘に突入する。

ミス。

ミス。

ミス。

10回やって10回外れる。

即二軍行き。

こんなに期待外れの武器は今までで初めてだ。


バリアの塔頂上、アトモス戦。
昔コイツには非常に苦戦した覚えがあったので気合を入れて勝負を仕掛ける。

連発されるコメット。
ヘイストをかけられないうえただでさえ火力が弱いすっぴんで勝てるのか?
ファリスに犠牲になってもらい攻撃を続ける。
ダメだ、一撃で500が限度だ。
つるぎのまいが二回でたからそれで4000はあたったがまだまだ足りない。
くそ、ファリスが飲み込まれる。
なにか、なにか策は無いのか?

何か無いかとアイテム欄を調べる。
その中でふと目に止まった物がある。
いや、まさかな?
これが効くはずはあるまい。

と思いつつも、わらにもすがる思いでその武器を装備してアトモスを攻撃する。



アトモスが眠った。



この光景を目にした瞬間、驚きと同時に笑いが止まらなかった。

だって「ねむりのけん」の追加効果が効くんだもん。

というかアトモスは無機物じゃないのか?
一応寝たから生物ということになるのかな?


というわけで結局ファリスは飲み込まれたが、それ以降は眠り続けるアトモスをひたすら殴り続けて破壊した。

ボスにも眠りとかが効くことを認識。
これで作戦の幅が増えた。


ゼザを見捨てて潜水艇入手。
まずムーアの村に行ってエアナイフとエルフィンボウを買って、ギードのほこらへ。
中の敵にいらいらさせられつつも無事クリアー。
続いてカトブレパスも撃破。
ムーアの村で装備やアイテムを整える。
  1. 2005/10/11(火) 23:12:52|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リボンを求めて

やっとルゴルの村へ。
遂にハイポーションを買うことが出来る。
……ひとつ360。

高い。

とりあえず50個だけ買っておく。

武器屋ではねむりのけんを購入。
武器はねむりのけん、こだいのつるぎ、あしゅら、いかずちのゆみやに。

そうだ、ここの武器屋にいる女の子はリボンをくれるんだ。
隠し通路を通って女の子のもとへ行き話しかける。


「私のリボン、どこにいっちゃったのかしら?」


あれ?くれなかったっけ?
もう一度話しかけてみる。


「私のリボン、どこにいっちゃったのかしら?」



………



「私のリボン、どこにいっちゃったのかしら?」




いいから黙って早くよこせや。

そうかそうか、無いものは仕方ないよな。
結構へこんでイベントを進める。

ティラサウルス戦。
強い。でも一回で勝利。普通すぎて面白くない。

モーグリの村でエルフのマントやダンシングダガー入手。
ダンシングダガーはつるぎのまいがでたら4倍ダメージだから期待できる。

飛竜に乗ってバル城へ。
そこでガラフが実は王様だということに驚く他のメンバー。
エクスデス(バッツ)「ガラフが王様なんて、呼び方を考えなきゃいけないな。」
ガラフ「よせ、おまえらがわしを呼ぶときは」
エクスデス(バッツ)「ガラフ!」



………



「記憶喪失のボケ老人」あたりがふさわしい呼び方じゃないか?
やっぱりコイツらは仲間なんだなと少し感動。



さて、バル城には素晴らしいアイテムが勢揃いしている。
まず「てんしのはくい」
薬師しか装備できないしろものだが、なかなか使い勝手がいい防具である。
次に「ラミアのたてごと」
これがものすごく強力。
大きい敵(レッドドラゴンやイエロードラゴン等)のような一部の敵には全く効果がないのだが、普通の敵であれば当たれば確実に混乱する。
しかもダメージ幅は100~1000と大きい。
入手してから非常に重宝した。


いろいろ準備を終えてケルブの村へ。
ケルガーとエクスデス(バッツ)が対決する。
ケルガーがルパインアタックという分身の術を放つがエクスデス(バッツ)が見事に打ち破る。
ケルガー「もう体がもたんのう」


かつての仲間のガラフは現役バリバリだけどな。


やっとのことで飛竜の谷へ。
谷を散策してるとゴーレムに遭遇。


500前後のダメージをくらわして逃げていく。


いつか復讐してやる。


そして出てきました、ゴーレムを助ける戦闘。
ボーンドラゴン、ドラゴンゾンビにぼこられているゴーレム。
ゴーレム「たすけてー」
………
ゴーレム「たすけてー」


少しは抵抗しろよ。


さっきは俺らを力いっぱいぶん殴ってたじゃねーか。

などと文句をいいつつボーンドラゴンとドラゴンゾンビを殲滅する。

復讐とばかりにたまにゴーレムにも攻撃していたことは秘密。


とにかくこれでゴーレム入手。
ラムウといっしょにアイテム欄で永遠にすごしてもらう。

途中でかぜきりのやいばを入手。たまにかまいたちがでる優れもの。

で、飛竜草。
つるぎのまいが二回も出たので楽勝。

ようやく飛竜ゲット。
  1. 2005/10/10(月) 22:51:24|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山場が無いと面白くない

ロンカ遺跡外部を攻略。
ロケット砲や火炎砲に対していかずちのロッドを使うのはもったいないのでさんごのつるぎやいかずちのゆみやに頑張ってもらう。

で、ソルカノン。一切躊躇せずいかずちのロッド連射で撃破。
なんかもう普通にゲームやってるぐらい簡単だ。
すっぴんクリアーって簡単なのか?

中に入って探索。
敵のHPが1000を越えてきたので戦闘に時間がかかるようになる。
なんていうか、すっぴんであることがめんどいだけに感じる。

宝箱からこだいのつるぎとパワーリストを入手。
一気に戦力アップ。

アルケオエイビス戦。
さんごのつるぎやこおりのゆみやでアルケオエイビスの属性を調べながらロッドで攻撃していく。
なかなか攻撃が激しく、とうとうまだ購入できないハイポーションを使い始める。
激戦の末、やっと倒したと思ったら復活した。
こんなこと完璧に忘れてた。
復活した後はひたすら殴って息の根を止める。
久々の辛勝。といっても一回目で勝ったケド。


ガラフを追うために各隕石を回る。

まずピュロボロス戦。
こおりのロッドで楽勝。

次にタイタン戦。
実はいつもコイツには苦戦させられていたので結構つらい戦いになると思っていたが案外楽勝だった。
恐怖のアースシェイカーは全員に500前後のダメージを与えるが、全員がレベル30でHP1000を越えているので問題無し。

最後にキマイラブレイン戦。
普通に戦ったら普通に倒せた。

所詮レベルが重要ということか。


やっと第二世界にワープ。
即行でテントを使ってイベントを進める。
そしてアブダクターに襲われる。
ハリケーンをくらってHPが一桁になってるのを見て唖然としてたら打撃をくらって即死。
こんなの勝てんのか?
と思ったら負けてもイベントが進んだ。
死んだ瞬間にリセットしなくてよかった。
リセットしたらまた作戦立てて勝てるまでやるはめになってた。


というわけで捕まって、エクスデスとエクスデス(バッツ)が遂にご対面。
別に何も感じるものは無かった。

ガラフ再登場。
ギルガメッシュをあしゅらで斬り刻んで撃破。

全員集合。ビッグブリッジへ。
ギルガメッシュを集団リンチしたらエクスデス城のバリアが発動して吹っ飛ばされた。
さすがにエクスデスも怒ったのかな?

  1. 2005/10/09(日) 00:54:42|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロッドの有用性

古代図書館へ。
ここの敵は非常にいやらしい。
戦闘が長引くうえ、レベル5デスとかを使ってくる。
というわけでレベル5デスで全滅した。
みんな20だったんだもん。
つーかこのゲームレベル差作るの難しいって。


やってきたイフリート戦。
容赦なくこおりのロッドを連発する。
なすすべも無くイフリートは氷付けに。
抵抗しなければここまではしなかったのに。


そしてボスのビブロス。
ほのおのロッドで燃やし尽くした。
紙は紙らしくおとなしくしてろってんだ。


古代図書館を楽々クリアー。
なんというか
ロッドを入手してから山がなくなってしまった。
むう、意外とすっぴんクリアーは簡単なのかもしれぬ。


火力船をゲット。とりあえずジャコールに向かう。
途中で出てきたバイオソルジャーに全滅させられる。
訂正、やっぱりすっぴんクリアーは難しい。


気を取り直してクレセントへ向かう。
このあとはソルカノンとかの戦闘があるからと思い、いかずちの弓矢を購入。盾が装備できないのは痛いが後列でクリティカルも出て、属性武器だから利用価値は高い。

そしてこの時ようやく気づいた。


リボン装備するの忘れてた。


カルナックで入手してからずっと宝の持ち腐れだった。
もったいない。


イベントを進めて流砂の砂漠へ
やってきたサンドウォーム。決して強くは無い、強くは無いんだけど、

ちょこまか移動してんじゃねー!

もう、移動するたびに時間が止まって無駄に戦闘が長引いて頭にくるったらありゃしない!

急激にストレスを上昇させつつもなんとか撃破。


やっと飛空挺入手。
その際に出てきたボス、クレイクロウ。
いかずちの弓矢で楽勝。
ついでにクレイクロウはこおりの弓矢を落としてくれた。

ジャコールやリックス、イストリーに寄って装備を揃える。
武器はエクスデス(バッツ)がさんごのつるぎ、レナがこおりの弓矢、ガラフがマインゴーシュ、ファリスがいかずちの弓矢。

イストリーでラムウ退治。
強かったが何とか一回で撃破。
ついでにほったらかしにしてたシヴァ狩り。楽勝。
現時点でレベル21。正直このままでは心許ない。
イストリーの森でミニドラゴンを狩ってレベル上げ。
ミニドラゴンは5匹で1125の経験値を持っているので一番効率が良い。
しかしプチブレイズという非常に厄介な攻撃をしてくるので即効で倒す必要がある。
というわけでミニドラゴンが出たら即ロッド連発。
これで安全に倒せる。
しかし、一回のミニドラゴンでは900しか金が入らない。
一回で使うロッドは3本。1本750。
900-750×3=-1350
で一回の赤字が1350となる。
これではいつか破産してしまうので、金が無くなったら随時カルナックのワイルドナックで稼ぐ。
ワイルドナックは一回で625くれるうえ弱いので非常に効率が良い。

イストリーでミニドラゴンを倒して、金が無くなったらカルナックで金を稼ぐ方法でレベル上げを決行。
この作業を約3時間後輩にやらせる。


おかげでレベルは30に、ロッドはそれぞれ10本になりました。
ホントいい後輩を持った。

これ以来レベル上げはいっさいやってくれなくなったケド。


アダマンタイマイをこおりのロッド連発で撃破。
この調子でロンカ遺跡も楽に攻略できないかな?
  1. 2005/10/08(土) 18:51:04|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

鞭と氷

飛竜を手に入れてウォルスに向かう。
そういえばウォルスの城にはエルフのマントがあったな。
今手に入れればかなり楽になると思うんだけど。
どうにかガルキマセラから逃げ回ればなんとかなるんじゃないか?


………



ダメでした。




エルフのマントを諦めてウォルスの塔に向かう。
武器は「ロングソード×2」、「フレイル」、マギサが落とした「むち」
フレイルを装備しているレナとむちを装備しているガラフは後列へ。
そして辛い戦いになるだろうと予想したボス、ガルラ戦。

結論から言おう。

コイツは楽勝だった。

なぜなら……


調教師ガラフが大活躍したから!


それというのも、ガラフがむちでガルラを攻撃する度にガルラが麻痺する!
実はむちには攻撃すると麻痺の追加効果があって、それがボスであるガルラにも効果があったのだ!

ガラフがガルラを麻痺するまで調教すると他のメンバーが我先にと虐待を始める。

もう、完璧なリンチだった。
抵抗することも出来なくガルラはその儚い命を散らせていった。


結局クリスタル割れるし。
いらねえって言ってんのにクリスタルのかけらを集めるし。
しまいにゃ塔が沈むし。
しかたないからカルナックへ向かう。



遂にカルナックまで来た。
ここには今後の重要アイテムの「ほのおのロッド」「こおりのロッド」「いかずちのロッド」が売っているのだ。
真っ先に武器屋に入る。

あれ、こんなに安かったっけ?
とりあえずミスリルソードを買う。

あ、カルナック兵に捕まった。



そうだ、確かここは店で買い物をするとイベントが進むんだ。
しかも捕まる前は安くて、捕まった後には元の値段になるんだっけ。
アイテムを一種類買うと捕まるから一種類でもまとめて何本も買っといた方がいいんだな。

というわけでシドに壁を爆破してもらったところで一回リセット。
こおりのロッドを買えるだけ買っておこう。


そして再び武器屋へ。
「こおりのロッド」を選択した時に

「おまえら、そのまま動くな!!」


………



購入する直前に捕まることにやっと気づいたよ……


リセットした意味何も無かったじゃん。

軽くへこんでイベントを進める。
街でポーションを補充し、さらにミスリルソード、こおりのロッド×3を購入。
火力船に乗り込む。



一階で返り討ちに会う。



やっぱ装備はきちんと揃えないとダメだわ。
てなわけでカルナック周辺の森でワイルドナックを大量に狩って稼ぐ。
ある程度金が貯まったらまず防具を買う。
ミスリルアーマーとシルクのローブでは魔法防御と重さを重視してシルクのローブを購入。
余った金でミスリルソードよりも高いミスリルアクスを買ってみる。


ミスリルソードの方が強かった。


なにこれ?なめてんの?普通高い方が強いじゃん。

また軽くへこんで火力船に乗り込む。
前に返り討ちにあったのが嘘みたいに敵を蹴散らしていく。
そしてやっとえんげつりん入手。
これをファリスに装備させる。
ミスリルソード、フレイル、むち、えんげつりんの三人が後列のフォーメーション。なかなか強い。

そしてやってきたボスのリクイドフレイム。
こいつはHPが3000で、状態を人、竜巻、手の三種類に変化させて攻撃してくる。
手の時には魔法が効かないのでこおりのロッドの使用は控える作戦。

戦闘開始直後にこおりのロッド炸裂。ダメージは2000。
お、これはあとは物理攻撃で100ずつ削ればこおりのロッドを節約できるんじゃないか?
ということで殴り始める。

反撃の嵐。


そうか、こいつは攻撃したら反撃するタイプなのか。
そうとわかれば即リセットで再挑戦。
戦闘開始直後にこおりのロッドを使い、後は攻撃力の高いエクスデス(バッツ)とファリスに攻撃させる。これでレナとガラフの分の反撃は来ない。こうすればこおりのロッドを温存できる。(せこい)




反撃以外にも普通に攻撃してくるのかよ。




もう我慢できなかった。
全滅して再挑戦。



こおりのロッドを連発した。


リクイドフレイム瞬殺。
見たか、これが人間様の実力だ。


ウェアウルフに助けられ時間制限イベントへ。

まずは地下牢をぐるっと回る。
何も無かった。

これだけで40秒ロスした。

そして着々と火事場泥棒をしていく。
おお、リボン発見。
とりあえず時間がないから後で装備しよう。
全ての宝箱を開けてあとは入り口の左右にある2つを残して1分を切った。

間に合うのか!?

これでラストだ!あと30秒!



ダメでした。



まあ、最後に開けた宝箱が「らいじんの術」だってことはわかったよ。


すっぴんクリアーでは絶対使わないアイテムだけどな。



気を取り直して再挑戦。
今度は地下牢を回らずにいく。
これでさっきよりも40秒を得したことになる。

今回立てた作戦は、
エルフのマントよりも先にマインゴーシュを取りに行き、それをレナに装備させ少しでも与えるダメージを多くする。
装備するのは戦闘中。なぜならアイテムウィンドウを開いてるうちは時間が経過しないから。

作戦決行。


正直なところ効果があったのかいまいちわからん。


しかし今度は1分を残して城の入り口まで来た!
あと残るのはアイアンクローのみ!
果たしてこの攻撃力で倒しきれるのか?




戦闘開始と同時にこおりのロッドを連発して瞬殺した。




軍曹さんはアイアンクローの姿すら見せなかったよ。



そしてようやく脱出。
残り時間15秒だった。
  1. 2005/10/07(金) 21:37:33|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北には山がいっぱいあります

カーウェンの街でアイテム補給。
ここでロングソードを購入。
これで武器はロングソード、フレイル、ダガー×2になる。
ついでに氷のロッドを入手。貴重なアイテム大事に使おう。

準備を終えて北の山へ。


………


北の山って地名はひどくないか?

カーウェンの街にはそれこそ山が道をふさぐように存在しているわけであって。
それに北の山よりも北の位置で

「南には北の山があります。」

なんて情報をもらったりしたらとんでもなく混乱するぞ。


まあ、そんなわけで名も無き北の山を飛竜を探して登山。
で、タイクーン王の兜を見つけてレナが近づいてゆく。

他のやつもそれを黙って見てないで追いかけろよ。

そのせいでレナが射られちゃったじゃねーか。
それにしてもよくあんな見晴らしのいいところで誰もレナが弓で狙われるのがわからなかったな。
まあこれもマギサが画面内にいなかったから出来た芸当か。

てなわけでマギサとフォルツァ。
最初のマギサだけは楽勝。
そして遂に「あんた、出番だよ!」との掛け声と共にフォルツァが登場。
言い換えれば「先生、お願いします!」となる。
ふふん、とうとう一人では勝てないことに気がついたか。
そんなふうに勝ち誇ってるとガラフが即死した。
なんだコイツの攻撃力は?タックルがくると即死だと?
おまけにマギサもがんがん攻撃してくるし。
どうすることもできなく全滅。たった二人に光の戦士4人がやられるなんて……


リベンジ。
今回もやられたらしっかり作戦を立てて行く。
今回考えたのはフォルツァの猛攻撃をどうするか。
攻撃は後列にいれば半減できる。
そこで、フレイルを装備しているおかげで後列からも容赦なく攻撃できるレナに攻撃が集中するように祈る作戦を決行。
ようはただの運任せ。(普通それは作戦とは言わない)



敗北……



なんだろう、なにがいけないんだろう?
マギサをタコ殴りにしてたらフォルツァを呼ばれてなすすべもないんですけど。
先にフォルツァを殺ろうとしてるから駄目なのか?
でもフォルツァが出てきたらマギサが後列になってダメージ半減するから時間かかるだろうし。
試しにそっちの方向でやってみるか?

再戦。
フォルツァを呼ばれてもマギサを殴ってみる。


普通にダメージあたんじゃん。


これに気づかなかったばっかりに、後ろだからダメージがあたりにくいって先入観があったばっかりに光の戦士を何度も無駄死にさせていたのか!?

マギサを先に絶命させるとすんなりフォルツァも殺害。
コイツら実は大して強くなかったのか……。


飛竜を手に入れて向かうはウォルスへ。
  1. 2005/10/06(木) 19:52:22|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

魔法を使えないということがいかに辛いか

風の神殿を終わらせ運河に向かう。
そして出てきたカーラボス。いつもなら「サンダー」で100以上のダメージを与えてるのに普通の攻撃では50ぐらいしかあたらない。
そんなことがあっても一応普通に倒せた。

そして船の墓場へ。
ここまで来てようやく街に戻れないことに気づく。
ポーション15個で足りるだろうか?

足りなかった。


普通に進んでいてはポーションの消費量が激しくすぐに無くなってしまう。

なので対策を考えた。
船の墓場では、最初と途中に回復ポイントが存在する。
これを利用しない手は無い。

回復しない作戦を決行。


ダメージをいくらくらおうが何人死人が出ようが無視。
金や経験値のために戦闘は逃げない。
セーブポイントまで行けない、もしくは行けなさそうなら即リセット。
これによりポーション温存に成功。
ケアルが使えればどんなに楽だったか……
おまけに「フレイル」を探すために結構迷ったし。


で、ボスのセイレーン。
なにコイツ?強くね?
アンデッド化したらほとんど物理攻撃当たんないし。
そしてここで気づいた新事実。
ブロードソード装備したファリスよりもダガー装備したレナの方が与えるダメージが高い。

なにこれ?ブロードソードの方が攻撃力高いのに。
試しにファリスにダガーを装備させてみる。

ダガーのほうが強いじゃん。

というわけでブロードソードは二軍行き。
フレイル、ダガー×2、ブロードソードで再びセイレーンに挑む。
アンデッド化された時はつえに持ち替えて攻撃。このときならつえの方がダメージは高い。
でも負ける。
これ無理だろ。

特にアンデッド化した時の強さが尋常じゃない。一撃で100はくらうので回復で手一杯になる。
ここで作戦。

攻撃は最大の防御

このゲームの場合は意味は殺られる前に殺れということになる。

とにかく回復を捨てて攻撃し続ける。
何とか五回目ぐらいに勝利。

もはや挫折しそうになってしまった。
このときは思っていた。さすがにすっぴんクリアーは無理かなと。
  1. 2005/10/05(水) 17:31:42|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すっぴんの状況

ジョブがすっぴんのみというのはどのような状況を生み出すのか?

・ひとつもジョブをマスターしていないのでパラメータが低い。
・アビリティが使えない。
・当然魔法も使えない。
・だから魔法を買う金が必要ない。
・しかし回復アイテムや各ロッドを買うために金を大量に消費する。
・つまり常時金欠。
・だからせっかく新しい街に着いても全員に新しい装備を買い与えることが出来ない(買えて一個か二個)
・回復手段がアイテムといやしのつえがメインになる。
・実はポーションを何個も使うよりもテントを使う方が安いことに気づく。

つまりは冒険するだけでやたらと金がかかるのです。
ポーションやハイポーションはダンジョンに一回もぐると大体99個なくなってしまいます。

他にも
・「ぬすむ」が使えないので「とうぞくのナイフ」で「ぶんどる」以外に盗む方法が無い。
・ダメージ床でダメージをくらう。
・いつになってもダッシュ出来ない。
・ロッドや魔法のランプを使わないと全体攻撃が出来ない。
等があり、中々厳しい状況になってきます。
まあこの辺は気合で。

逆に利点をあげるなら
・キャラに差が無いので四人ともそこそこの攻撃力を持つ。
・すべての装備品を装備できる。
・リボンを入手した瞬間に装備できる。
・なんでも装備できるのでその場に対応した装備ができる。

こんなところでしょう。
特に何でも装備できるのは大きいです。というより出来なきゃ無理。
色々な武器を使えるのも大きいです。普段使わなかった弓とか竪琴とかが結構重宝しました。


そして今回のすっぴんクリアーの条件は
・とにかくすっぴん(特例あり)
・倒せるボスは全て倒す。(フォークタワーの「すべてをしるもの」はもちろん使うことのない召喚獣のカトブレパスやバハムートだって倒す)
ぐらいです。

特例については以下の三つです。
・街や城の中はシーフになってもよい。
・ダンジョンの中でも隠し通路を確認するためにその場から動かないことを前提としてシーフになってもよい。
・ダンジョンからの帰還の際にテレポを認める。

特に三つ目は「それじゃすっぴんクリアーじゃないだろ!!」という声が聞こえてきそうですが。

しかしこれは、効率よくゲームを進めるために使用しただけなのです。
街の中ではどうせ戦闘は発生しないからダッシュするためだけにシーフになり、攻略本を持っていないので隠し通路を調べるのが面倒なのでシーフになってまたすぐすっぴんに戻る。

テレポに関しては、ダンジョン自体が非常に面倒なうえ、帰りもどうせ逃げるだけなら使っても使わなくても結果は変わらないだろうと考えました。効率よくしたかっただけなのです。
実際にテレポを使ったのはピラミッドからの一時帰還と大海溝からの帰還のみでした。そのたった二回だけの例外を認めてください。


以上がすっぴんクリアーの主な条件、状況です。
次回からひとりごとのように進行状況を語っていきます。
  1. 2005/10/05(水) 01:38:08|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦いの始まり

さあ、意気揚々と始めたFF5。
果たしてすっぴんクリアーはどれくらい難しいのか?
そんな気持ちでバッツの名前入力へ。

ええと、せっかくだからアイツの名前を付けよう。

ギルガメ……

ギルガメッシ

六文字までかよ!!

ギルガメッシュ対ギルガメッシュが見たかったのに。

仕方ないのでバッツにはエクスデスになってもらう。

そしてレナとガラフを仲間に加えて海賊の洞窟へ。

ガラフ素手かよ!
(最後にプレーしたのは7~8年前なので忘れてた。だからプレー中は結構新鮮な気持ち。)

いくら隕石の衝突で記憶を失くしてたからって素手はないだろ。
大体、異変に気づいてわざわざこっちの世界に来たんならなんらかの準備をしてくるべきではないのか?
ガラフの世界にはエクスデス(バッツ)の世界よりもずっと強力な武器が売ってるってのに。


そんなことを考えながら風の神殿へ。
当然難なくクリアー。

ここから辛い戦いが始まるのである。
  1. 2005/10/03(月) 23:44:39|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発端

なぜblogを始めようと思ったのか?
この発端はゲームです。
最近僕はあの懐かしい名作「FF5」を条件付きプレーをしていました。

FF5 すっぴんクリアーを

それを友達に話したところ、
「これblogとかにしたら面白いんじゃない?」
という言葉が返ってきたわけですよ。

なるほど、これはいい機会だなとblog開設に挑戦しました。

とりあえず、これからの記事は基本的にFF5の話となると思います。

果たして最後まで書き続けることができるのか?
いかんせん飽き性ですから、途中でやめてしまうかもしれません。
まあ、きままにやっていこうと思います。
  1. 2005/10/03(月) 23:18:59|
  2. FF5すっぴんクリアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

つぶやき

    follow me on Twitter

    ランキング

    rankバナー

    にほんブログ村 ゲームブログへ

    是非ともポチッとお願いします。

    最近の記事

    プロフィール

    Author:ton
    ゲームも漫画も幅広く好きな馬鹿。

    リンクフリーなので自由にリンクしちゃってください。コメントも大歓迎です。

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    巡回先

    ・GAMENEWS WATCHER
    ・ゴルゴ31
    ・朝目新聞
    ・春が大好きっ
    ・ねたミシュラン
    ・LOGIC&MATRIX
    ・Goonie!
    ・名前のない部屋
    ・めっつぉ
    ・世界のショボオン
    ・ファミ通.com
    ・ITmedia +D Games
    ・GAME Watch
    ・Gpara.com
    ・痕跡症候群
    ・こんがり焼あじ
    ・心理学ステーション
    ・小紅堂本舗
    ・公共広告奇行
    ・よしみるくのオレンジ
    ・マンガ一巻読破
    ・無気力通信↓
    ・俺的ニュースの盛りw
    ・情報屋さん。

    リンク

    ・FINAL COUNTDOWN
    ・薙空間
    ・ゲーム世代NEXT
    ・七転八転
    ・あるひとつのゲーム感
    ・光雲流水@ゲープレ日記
    ・野良猫と仲間達が見た戯言な風景

    メール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター

    無料ホームページ ブログ(blog)

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。