無駄に頑張る

ゲームをメインに無駄に頑張ってるblog。 他にも漫画とかニュースとか日常とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最後に

無謀な暗黒竜と光の剣をまとめておきます。



海賊の恐怖 第一章 マルスの旅立ち
マルス一行の戦争の発端。

海賊の港町 第二章 ガルダの海賊
老将ジェイガンの意地。

今度は山賊 第三章 デビルマウンテン
バーツ先生初登場。

オレルアンの狼 第四章 オレルアンの戦士達
バーツ先生再び。

侵入 第五章 ファイアーエムブレム
さよならバーツ先生。

地獄のレフカンディ 第六章 レフカンディの罠
オレルアン騎士団最大の見せ所。

アリティア騎士団本領発揮 第七章 港町ワーレン
オレルアン騎士団とアリティア騎士団の差。

囚われた王女 第八章 プリンセス・ミネルバ
勇者、スナイパー初登場。

アカネイア侵入 第九章 ノルダの奴隷市場
バヌトゥの意地。

パレス奪還 第十章 アカネイア・パレス
再び姿を現したザガロ。

裏切りの国 第十一章 悲しみの大地・グラ
最初で最後のことわざ講座。

魔王ガーネフ 第十二章 魔道の国カダイン
暗黒魔法マフーの力。

祖国奪回 第十三章 アリティアの戦い
聖騎士アランの最初で最後の活躍。

王都解放 第十四章 スターロード・マルス
バジリスク。

オーブ 第十五章 マムクート・プリンセス
ガトー。

黒騎士団 第十六章 ブラックナイツ・カミュ
強敵(とも)カミュ。

マケドニア竜騎士団 第十七章 天空を駆ける騎士
兄妹喧嘩。

ファルシオン強奪 第十八章 悪の司祭ガーネフ
決戦魔王ガーネフ。

侵略戦争 第十九章 マムクートの王国
ジェイガンの意地再び。

最後の聖戦 第二十章 選ばれし者達
見所はオープニング。


無謀な暗黒竜と光の剣はこれにて終了です。紋章の謎は遊びながらやっていたらクリアー出来なくなるのでやりません。

いままで見ていてくださった皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/17(金) 00:20:31|
  2. 無謀な暗黒竜と光の剣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最後の聖戦

唐突ですが、実はファイアーエムブレムのメインテーマには歌詞があります。(ココで見れます)

てなわけで、ラストの今回はオープニングからいきましょう。





















FE20op_001

ファイアーエムブレム 手強いシミュレーション やり始めたら眠れない
































FE20op_002

勝てるはずなのに 必殺一撃






































FE20op_003

残るライフに 焦るリライブ

































FE20op_004

攻めるも守るも ナイ知恵しぼって 
















































FE20op_005FE20op_006

誰一人として死なせはしない



















































FE20op_007

ファイアーエムブレム 手強いシミュレーション やり始めたら眠れない



















































FE20op_008

強い男に 入れこみすぎて 












































FE20op_009FE20op_010

まわりの戦士は ヘナチョコばかり




















































FE20op_011

ファイアーエムブレム 手強いシミュレーション 愛と勇気の物語





















































FE20op_012

ファイアーエムブレム 手強いシミュレーション 勝って来るぞと勇ましく























































FE20op_013

危なくなったなら スタコラ逃げろ

















































FE20op_014

おごれるものは ドツボにはまる




















































FE20op_015

ファイアーエムブレム 手強いシミュレーション 勝って来るぞと勇ましく


















遂にメディウスのいるドルーアまで攻め込んだマルス一行。
ドルーア帝国との最後の戦いが始まる……




FE20_001








FE20kai_001

メディウスとの決戦です。





FE20_002FE20_003

中々ふてぶてしい野郎です。むぅ、さすがはマムクートの王。


しかもドルーア兵達も相当優秀な兵ばかりがいるようです。一筋縄ではいきませんね。























FE20_004FE20_005

マルス「カイン!!レナ!!」






































FE20_006FE20_007

マルス「ゴードン!!ドーガ!!」



次々と殺されていくアリティア兵達。特に三種の神器の使い手であるドーガとゴードンの戦死はアリティア軍にとって大きな痛手となりました。



























アベル「カイン!ドーガ!!ゴードン!!!クソッ、ドルーアの奴ら……許さん!!」

































アベルは怒りに任せてデビルソードを持って斬りかかった!!



































FE20_010

アベル「え?」






































FE20_011

マルス「アベル!!……何てことだ……オレのアリティア騎士団が全滅……」

マリク「マルス様!オグマが……!!」

マルス「……え?」






















































FE20_009

マルス「オグマまで……みんな……みんな死んでいく……」

ミネルバ「自業自得だな」

マルス「何だと!?」

ミネルバ「戦争は怒りに任せて戦うものではない。その場合は冷静な判断が出来なくなり逆に戦力ダウンにつながるというものだ」

マリク「ミネルバ様!それは言い過ぎです!!」

ミネルバ「事実を述べたまでだ」

マリク「クッ!」













































FE20_008

マリア「ミネルバ姉様ーーーーッ!!」

ミネルバ「マリア……まさかマリアが!?ぬおおぉぉぉ!!皆殺しだーーーッ!!」
























































FE20_013

ミネルバ「やばッ!!」











































FE20_014

カチュア「ああ、ミネルバ様が……」

パオラ「さっき言ってたことと行動が矛盾しているわね」

カチュア「でもそんな会話をしている私達も……」
















































FE20_015FE20_022

パオラ「ジ・エンド」














































FE20_016

リンダ「あなた達、死にすぎ…キャーーーッ!!」













































FE20_012

チキ「私もみんなのところに行くーーーッ!!」










































FE20_002

メディウス「ぬぅははははぁ!!これが我がドルーア帝国の力よ!!」













































FE20_017

マルス「メディウス覚悟!!」

メディウス「き、貴様……どうやってここまで……」

マルス「最後に頼れるのは己の力だけなのさ」

メディウス「ぬぅ……こしゃくな……」

マルス「戦場で散っていった仲間の無念、晴らさせてもらうぞ!!」




















































FE20_019

マルス「おおりあ!!」







































FE20_020

メディウス「甘いわ!」

マルス「なんのこれしき!!」







































FE20_021

マルス「それッ!!」

メディウス「ぬぅ……やりおるわい……」










































ここからは都合によりダイジェストでお送りさせていただきます。









































FE20_023

FE20_024

FE20_025

FE20_026

FE20_027

FE20_028

FE20_029

FE20_030

FE20_031

FE20_032

FE20_033






























FE20_034

マルス「死ねぇッ!!」

メディウス「おのれぇ……」













































FE20_035

マルス「そのまま死ね!!」








































FE20_039

マルス「生き残ったのは3人だけか……」

マリク「出撃した時は15人いたんですけどね」

ナバール「なに、みんな弱いのが悪いのさ」

マルス「その通りだ。いま思えばアイツらごときが死んだ程度で何が悲しかったのかがわからん。全く、自分が情けないよ」

マリク「……二度とアリティアには近づかないようにしよう」


































FE20kai_002FE20kai_003

マルス「いま多くの犠牲の上にこの勝利がもたらされた。私は忘れない、二度も死んでくれたジェイガンを!」































FE20kai_004

マリク「うわー、コイツら死んだ奴らに関して何も思わないのかよ。この国は腐ってるな」






というわけで見事メディウスを倒しドルーア帝国を滅亡させました。
ここから覇王マルスのお話が始まるのです。




戦死者:カイン、レナ、ゴードン、ドーガ、アベル、オグマ、マリア、ミネルバ、カチュア、パオラ、リンダ、チキ































FE20sen_001

てなわけでクリアー後の戦績発表です。といっても、さすがに個人戦績を全て載せるわけにもいかないので一つだけ気になったものを載せます。

















FE20sen_002

えー、まあ、このアリティアの騎士というのはアベルのことなんですが既に死んでるんですよね。
では一体誰に恋をしたんでしょうかね?アリティアの騎士に生存者はいません。



あと、仲間にせずに殺したマチスとロレンスはカウントされていませんでした。







FE20sen_003

戦死29名って。

凄まじい戦争でした。特に終章なんてなぜかマルスに対して以外の杖が振れない(振らない)現象が起きていましたからね。ううむ、ミステリーの世界。



というわけで「無謀な暗黒竜と光の剣」はこれにて終了です。約一ヶ月の間、ありがとうございました。
  1. 2006/02/16(木) 08:12:35|
  2. 無謀な暗黒竜と光の剣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

侵略戦争

ファルシオンを手に入れ、エリスを助け出したマルス一行。
残すはドルーア帝国とメディウスのみ。その時戦士を生き返らせるオームの杖が手元にあった……





FE19_001






FE19kai_001

マルス「うふ、もう少しで世界はオレのものだ」











FE19_002

ガーネフから助け出したマルスの姉、エリスです。



エリス「このオームの杖で一人だけ生き返らせることができます。この戦争で亡くなったあなたの大切な人を選ぶのです」

マルス「一人だけねぇ……」









ちなみに選択肢はというと……
































FE19_010FE19_011

これだけいます。もう死にまくり。



マルス「……よし、決めた!姉上、お願いします!!」









































FE19_012

アベル「パラディン!?もしやこれは!!」

カイン「あのお方が……」















































FE19_013

オグマ「ジェイガン……」

ドーガ「ば、馬鹿な……いまさらジェイガン殿に何をさせるというのだ!?」

ミネルバ「ジェイガンとは一体何者だ?」

ナバール「アリティア騎士団の老兵らしい。アベルやカインの上司にあたる。銀の槍のおかげでそれなりの強さを誇っていたみたいだ。もっとも、俺がコイツらと一緒に戦うようになった時には既にいなかったんだがな」

ゴードン「ガルダの海賊に殺されたんですよ。まあ、トドメを刺したのは我々の軍にいるカシムというハンターですが」

ミネルバ「そうなのか。海賊ごときに殺された将をいまさら生き返らすということは、ジェイガン殿はマルス殿にとってよほど大事な人なのであろうな」






































FE19_014

ジェイガン「……ここは一体?私は死んだはずでは?」

















































FE19_015

マルス「意識は戻ったかい、ジェイガン」

ジェイガン「マルス様!!わ、私は何故ここに!?」

マルス「姉上に生き返らせてもらったんだ。一回きりのオームの杖でね」

ジェイガン「エリス様が!?ではガーネフは既に!?」

マルス「倒したよ。残すはメディウスのみだ。そのためにもジェイガンを生き返らせてもらったんだ」

ジェイガン「私のような老兵のために貴重なオームの杖を……マルス様!この御恩、決して忘れませぬ!!この与えられた命、再びマルス様に捧げましょう!!」

マルス「これからまたよろしく頼むよ」

ジェイガン「はい!!では早速全力をもって戦わせていただきます!!」










































ジェイガン「我が名はジェイガン!!我が主マルス様のためにこれより修羅の道に入る!!我が道を邪魔するものは全て斬ってくれよう!!」













































FE19_016

アベル「じいさん、また死んだよ」

カイン「歳を考えろってな」

オグマ「しかも今回は一匹も倒してないぜ」

ドーガ「マルス様、どうしてまたジェイガン様を選んだんですか?」

マルス「面白そうだったから」

ミネルバ「あ、言い切った」

マリア「鬼ね」


カチュア「ひどい…」

マリク「僕はエリス様がいれば何も問題無いです」

ジュリアン「マルスさんの言い分がちょっとわかる自分が怖い…」


エリス「腐ってる……アリティア軍は完全に腐ってる!」



後の皇帝マルスの非道ぶりが窺える事件であった。












はい、ジェイガン事件はおいといて、残すは城を守るゼムセルのみです。

FE19_003











どうせだからファルシオンの強さを試しちゃいましょう。

FE19_004




























FE19_005

ゼムセル「ええッ!?何その攻撃力!?」

































FE19_006

ゼムセル「アウチッ!!」






































FE19_007

ゼムセル「待った待った、ちょっと落ち着けって!」

































FE19_008

マルス「待った無し」































FE19_009

マルス「へッ、ざ~こざ~こ」






















FE19kai_002

マルス「おや?お怒りですか、メディウスさん?待ってろ、すぐにその首叩き斬ってやる!!そして世界はオレのもの」





戦死者:ジェイガン(再)




次章は遂に終章!メディウスとの決戦です!
  1. 2006/02/15(水) 08:21:14|
  2. 無謀な暗黒竜と光の剣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファルシオン強奪

マフーを打ち破る術を手に入れ神剣ファルシオンとマルスの姉エリスを助けに来たマルス一行。
魔王ガーネフを倒すことはできるのか?




FE18_001









FE18kai_001

なんとオープニングでいきなり分身がたくさんいることを告白しました。

ていうか喋るために動いてるお前が本体だろ。











ではでは分身はどれぐらいいるのか調べてみると……


















FE18_002FE18_003

FE18_003FE18_004

FE18_005FE18_006

これだけいました。うわー、持ってるものも多種多彩。

分身の方が技と魔防が高いのが不思議ですね。








そして進軍。次々とガーネフの偽者を破っていきます。










ガーネフ本体はこの人にお願いしましょう。

FE18_007

マリク大先生。

司祭のくせにHPがアリティア軍で一番高く、アベルやカインよりも高い守備力を誇っています。

それなのに力はレナの方が上というなんとも不思議な先生です。




















FE18_008

マリク「ウェンデル先生を殺した時と一字一句違わないセリフをはきやがって!!ガーネフ覚悟!!」






































FE18_009

ガーネフ「わしのマフーに敵うとでも思うたか!?」

マリク「グッ!!なんのこれしき!!」

































FE18_010

マリク「スターライト・エクスプロージョン!!」

ガーネフ「ぬおッ!!」
































FE18_011

マリク「まだまだぁっ!!」

ガーネフ「ぬふぅ!!スターライトか……だが暗黒魔法マフーはこの程度では終わらんぞ!!」



































FE18_012

マリク「こなくそッ!!」

ガーネフ「ぬぅぅ、しつこいぞ!!」









































FE18_013

ガーネフ「これがマフーじゃ!!」

マリク「やれやれ、どこを狙ってるんだ?」

































FE18_014

マリク「真の魔法とはこういうものだ!!」

ガーネフ「おふぇッ!!」



































FE18_015FE18_016

ガーネフ「ぬぅ、やりおるわい。どれ、ちょいと先に逝ってようかの」







遂にガーネフを殺害しファルシオンを強奪したマルス。
その表情はもはや英雄とはかけ離れた帝王のそれだった。



マルス「ふふ……遂にファルシオンがこの手に……これでメディウスなんぞ恐れる必要は無い。一気にドルーア帝国を侵略しアリティア帝国を建てるのだ!!」

アリティア騎士団「おおーーーーッ!!」







てなわけで制圧。

FE18kai_002FE18kai_003

ファルシオン強奪のついでにエリスも助け出しました。

どうやらこのエリスが持つオームの杖は死者を一人だけ生き返らせることができるようです。

しかもドルーアにある祭壇でしか生き返らせられないとか。

これからドルーアに侵略に行くマルス達には好都合です。






マルス「生き返らせるのはアイツしかいないな……」



次章、遂にドルーア侵略です。

  1. 2006/02/14(火) 00:03:46|
  2. 無謀な暗黒竜と光の剣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

マケドニア竜騎士団

グルニアを制圧し、ドルーアの隣国マケドニアまでやってきたマルス一行。
そこに待ち構えるのはミネルバとマリアの実の兄であり、実の父を手にかけて自らマケドニア王となったミシェイルの姿であった。




FE17_001








FE17kai_001FE17kai_002

ミシェイル「なぜ俺が愚かと?」

ガトー「ミシェイルとミネルバ二人が力を合わせればマケドニアはいずれはアカネイアを凌ぐ大国となっていたであろう。それがガーネフに騙されつまらぬ野望にとりつかれたばかりに国を滅ぼすとはな」

ミシェイル「もうすんだことだ。ミネルバは俺を、そしてこの国を裏切ったのだ。だがまだ負けたわけではない。俺にはマケドニア王家の家宝、アイオテの盾がある。これさえあれば弓など恐れぬ。あのこぞう、アリティアの王子マルスだけは俺がこの手で仕留めてみせる。それがマケドニア王たる俺の最後の意地だ!」

ガトー「むう、しかし無理じゃろ」

ミシェイル「なぜ無理と?」

ガトー「銀の槍しか持っていないボスなど恐るるに足らずということじゃよ」

ミシェイル「グッ!」




以上、オープニングの会話+αでした。






ええ、そうなんですよ、

FE17_002

ミシェイルは銀の槍しか持ってないんです。

確かにアイオテの盾のおかげで弱点は無くなっていますけど、ただそれだけです。

最強の槍グラディウスはカミュから強奪したためこちらにありますからね。



しかもパラメータもあまりカミュと変わりません。これなら勝てます。























というわけで兄妹で決着をつけてもらいましょう。

FE17_003

もちろんこっちはグラディウスで挑みます。パラメータに少し差があるのでこれでバランスを取ります。

























FE17_004

ミネルバ「ミシェイル!!その野望、打ち砕いてくれる!!」
































FE17_006

ミシェイル「くそっ、ミネルバの奴め……だがまだ負けたわけではないぞ。マケドニア竜騎士団の恐ろしさを見せてやる!」






























FE17_004

ミネルバ「どうしたのミシェイル?何か不満な点でもあるのかしら?」

ミシェイル「グラディウスを使うなんて卑怯だぞ!こっちは速さが12しかないうえに銀の槍なんだぞ!」

ミネルバ「そっちだって弱点無効のアイオテの盾を持ってるじゃない。おあいこよ」

ミシェイル「ああもう、覚悟しろ!!」















































FE17_007

ミシェイル「えい」

ミネルバ「痛ッ!!」















































FE17_008

ミネルバ「ちょっと!いま本気で刺したわね!そっちがその気ならこっちだって思いっきりいくわよ!!」

ミシェイル「なんだ、グラディウスを持ってしてもその程度か!?修行を怠ったようだなミネルバ!」

ミネルバ「クッ!!私では敵わないのか!?」













なんだこの兄妹喧嘩みたいな殺し合いは?


















しかし劣勢のミネルバを見て動いた者が三人。































カチュア「ミネルバ様が危ない!パオラ姉さん!エスト!アレをやるわよ!ミシェイル様を囲んで!!」





パオラ「合点!!」





エスト「私まだレベル低いんだけど……」
















ミネルバ直属の白騎士団三姉妹が動いた。

そして……





















FE17_009

三姉妹「トライアングルアターーーーーーーーーック!!」

ミシェイル「あ、あの構えは……もしや伝説のジェットストリームアタック!?」
































FE17_010

ミシェイル「ゲフッ!!」



































FE17_011

ミシェイル「だって4対1じゃ普通勝ち目無いよね……実の妹と元部下だし……ああ、せめてマリアでも残っていればリカバー使わせてたのに……」



マケドニア王ミシェイルの最期だった。
何気にミネルバのグラディウスをカチュアが持ち替えて攻撃していたのは秘密である。



ミシェイル亡きマケドニア竜騎士団は非常に脆く、残りの敵を殲滅することは難くなかった。



そして遂にガトーのもとへ辿り着いたのである。































FE17kai_003

マルスに光と星のオーブを持たせるの忘れてた。

おかげで怒られちったよ。





















オーブを持たせて再チャレンジ。

FE17kai_004

さっきのことは無かったことにしてもらえました。

おかげでマフーを破れる唯一の魔法、スターライト・エクスプロージョンをいただきましたよ。

















そうそう、パオラがクラスチェンジしました。

FE17_012FE17_013

無難な強さです。









てなわけでミシェイルも殺したしガトーからもらうもんもらったし、制圧しますか。

FE17kai_005

ガーネフがいるテーベがどこにあるかわかったようです。ついさっきガーネフを倒す術も手に入れたのでこれは行くしかないでしょう。なんて都合のいい話だ。



次章はガトーの野郎の大ワープの魔法で一気にテーベまで飛びます。
  1. 2006/02/13(月) 06:10:13|
  2. 無謀な暗黒竜と光の剣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやき

    follow me on Twitter

    ランキング

    rankバナー

    にほんブログ村 ゲームブログへ

    是非ともポチッとお願いします。

    最近の記事

    プロフィール

    Author:ton
    ゲームも漫画も幅広く好きな馬鹿。

    リンクフリーなので自由にリンクしちゃってください。コメントも大歓迎です。

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    巡回先

    ・GAMENEWS WATCHER
    ・ゴルゴ31
    ・朝目新聞
    ・春が大好きっ
    ・ねたミシュラン
    ・LOGIC&MATRIX
    ・Goonie!
    ・名前のない部屋
    ・めっつぉ
    ・世界のショボオン
    ・ファミ通.com
    ・ITmedia +D Games
    ・GAME Watch
    ・Gpara.com
    ・痕跡症候群
    ・こんがり焼あじ
    ・心理学ステーション
    ・小紅堂本舗
    ・公共広告奇行
    ・よしみるくのオレンジ
    ・マンガ一巻読破
    ・無気力通信↓
    ・俺的ニュースの盛りw
    ・情報屋さん。

    リンク

    ・FINAL COUNTDOWN
    ・薙空間
    ・ゲーム世代NEXT
    ・七転八転
    ・あるひとつのゲーム感
    ・光雲流水@ゲープレ日記
    ・野良猫と仲間達が見た戯言な風景

    メール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター

    無料ホームページ ブログ(blog)

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。