無駄に頑張る

ゲームをメインに無駄に頑張ってるblog。 他にも漫画とかニュースとか日常とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発見

youtubeで色々と探していたら見つかりましたよ里見の謎が。
これを見ればどれだけ凄いゲームかがわかるでしょう。



タイトル画面からオープニングまで。もちろん自動名前生成システムも実演。最後は師範代に殺されています。






電車に乗るところからラスボス戦まで。ヌーのヌーの華麗な動きを見よ!
ていうかパラメータ強すぎない?イズミなんて教祖になってるし。えきぜぜには時の人だし。


てなわけで、どんなゲームかが理解出来ると思います。
うん、やっぱりひどいゲームだ。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/26(木) 00:10:47|
  2. 里見の謎プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里見の謎まとめ

そういえば里見の謎プレイ日記をまとめていなかったのでまとめます。


あたまがヘンになっちゃったよぉ
序章。名システムの説明。地獄の始まり。

まだあった!里見の謎ならではの新機能!
名前自動生成システムの紹介。ストーリーは超序盤。

しんぱい 入りません!
本当は「心配要りません」なんだろうなぁ。

タカタカタカタカキーボード叩いてんじゃないよ!
あ、すいません。

……たぶんね!
何故か自信があるえきぜぜに。

オレはえきぜぜにだ!
何を偉そうに。

お前らにやる酒など無いわ!
じゃあ聞くなよ。

お前ら本当にかわいくないっ!
最悪なものと戦わせやがって。

命のオンゲイ!
クジラが食べたい。

ちょべりばっ!
MK5

...to be continued
で、続きは?



ああ、なんかコメントが全然内容を表したものじゃないですね。
まあ説明したところで意味がわからないと思うので実際に読んだ方が早いと思います。

てなわけで、里見の謎プレイ日記はこれで終了です。
読んでくださった方々、ありがとうございました。
  1. 2006/10/19(木) 00:00:34|
  2. 里見の謎プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

全てを終えて思ふこと

先日無事里美の謎プレイ日記を終えることが出来ました。
で、結局このゲームはどうだったのかと思いまして。
まあ内容としてはいままで書いてきたことそのままなわけです。
破天荒なシナリオ、PSとは思えないぐらい貧相なグラフィック、画期的な名前自動生成システム等、突っ込むゲームとしては最高に部類に入るのではないでしょうか。

今までのプレイ日記を読んでくださった方ならわかるでしょうが、自分は非常に馬鹿にした文を書いています。
実際アホな展開ばっかり続いたし。
ただ、ひとつ言いたいのは、シナリオはとんでもなくアホだけど、意外とユーザフレンドリーなゲームだということなんです。

散々馬鹿にした各システムですが、実はこれもユーザのためを考えたものだと思います。

まず、自動名前生成システムですが、まさしくこれは面倒くさがりな人のために作られたシステムです。
・デフォルトの名前は嫌だ。
・二回目以降は名前を変えたい。
・でも名前を考えるのが面倒だ。
というような人にはうってつけのシステムでしょう。
おまけにこれだけで笑いを取ることもできるし。

次に移動に関してのP.M.L.S.(プログレッシブ・マップ・リンク・システム)ですが、これはとにかく上に進めばシナリオが進むというシステムです。
これのおかげで迷うことは全くありません。しばらくやっていなかったりして次は何をやればいいのかわからなくなっても上に進めばいいのです。
また、シナリオ上でもあっちこっちへ行ったり来たりが基本的に無いので純粋にシナリオを楽しめます。余計なことで詰まりたくないという人にはうってつけのシステムです。

次にD.C.B.S.(ダイレクト・コマンド・バトル・システム)ですが、これも良く考えられています。
従来のRPGにあるように、攻撃手段を選んで対象を選択するのではなく、直接ボタンを押すことで攻撃します。よって、戦闘中に十字キーを使うことはありません。
攻撃方法の選択や回復などをしなければ右手だけで済むのです。こんな楽な戦闘方法、ちょっと無いですよね?
それと、攻撃のエフェクトに時間が掛かるということもありません。常にエフェクトは一瞬で終わるので連打し続けるだけです。無駄が無い戦闘ですね。

更にF.E.C.S.(フラッシュ・エンカウント・リンク・システム)のおかげで戦闘時への切り替えは本当にすぐ終わります。歩いてて気づいたらラブリー(けづぺぶに)やサヤが死んでるなんてことはしょっちゅうです。
実際にロードが入るのは移動時などの画面切り替えぐらいでしょうか。

それに加えて、あのシナリオです。最近の色々な伏線が張ってあって盛り上がるなんてことはまずありません。むしろシナリオの展開がアレなので余計にツッコミたくなって盛り上がります。
とにかく、何も考えないでも楽しめるということです。


これらをまとめると、里見の謎は操作が意外と快適で細かい点もあまり気にならなく、シナリオもあって無いようなものなので気軽に出来る素晴らしいゲームだということです。

最近のゲームは妙に凝ってる物が多いですよね?
もっと単純な勧善懲悪とかの方がわかりやすくていいって時もあると思います。
あるいは普段仕事で疲れてるのにどうして息抜きのためのゲームで疲れなければならんのだという人もいるはず。
そんな人には里見の謎です。
やってると全てがどうでもよくなるぐらい脱力して、さらに無茶苦茶な展開で大いに笑わせてくれます。



疲れた時には里見の謎はいかがですか?



ただし、余計にストレスが溜まっても責任は負いません。



まあ、世の中ではとんでもないクソゲーだなんだと言われていますが、決してクソゲーではないと思いますね。
間違いなくバカゲーですが。
  1. 2006/10/09(月) 00:27:30|
  2. 里見の謎プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

...to be continued

最近密かに思っていること。
里見の謎に続編があったら必ず買う。


ヌーのヌーを倒してタテヤマーナに帰ってきたえきぜぜにとけづぺぶに。
友人と別れ、成長したえきぜぜにの前には、母が置いていったと思われる手紙があった。

内容は、
・母さんがいない間にすっかりたくましくなった。
・えきぜぜにの旅もあと少しで結末を迎える。
・でも母さんは戻れない。
・いつか別の時間、別の場所で会える。
・その日が来るのを楽しみにしてる。父さんと。

会えなくても戻っては来たみたいだけど。(手紙があるから)
で、無反応なえきぜぜに。うーんCOOL。

タテヤマーナに行ってみると異様な雰囲気に。
なぜか町が閑散としている。
近くの住民に尋ねてみると、どうやらほとんどの人間がヌーヌー本山に行ってしまったらしい。

とりあえずコンビニで買い物を。
全財産で「かみのてっけん」を買う。
えきぜぜにに神の鉄拳が落ちればいいのに。
この「かみのてっけん」はなんと攻撃力が+???というもの。
まあ、戦闘に入れば+1500って表示されるんだけど。

それとコンビニに「金の仏像」が売ってた。
いや、別に仏像が売ってるのいいんだけど、これって売るためのアイテムなんだよね。
誰も買わんって。
それに値段が所持金MAXと同じだし。
これが本気なのかネタなのかと言われたら迷わず本気と答えそうな雰囲気なところがこのゲームの怖いところである。

ヘッケルのところへ行くと、
ヘッケル「あいつはまだおるよ。ヌーヌー本山に乗り込んで、あいつを確実に倒さねばならん!わしもいくよ。」
と言って仲間になりました。
でもって、締めの台詞はが、

ヘッケル「歴史に名を残すのだ!」

あんたの発言は既に名を残すぐらいインパクトがあるよ。
馬鹿丸出しで。

で、恒例のステータス調査。
ヘッケルのなりわいは「大臣」だ。もうどうとでもしてくれ。
ついでに頭の装備が「きかいのあたま」だった。
ヘッケルサイボーグ説ここに浮上。


てなわけで、ヌーヌー本山に行くために駅に向かう。
しかし駅に入る前に、
「何か大切なものを忘れてきた気がする」
と表示されて進めない。
おかしい、タテヤマーナも全部回ったはずだし、これ以上何が必要なんだろう。

もう一度タテヤマーナを探索してみる。
すると探索していなかった箇所発見。
交番の中の留置所だった。
で、中に入るとおっさんがいて、「きっぷ」をくれた。

そうだよね、電車に乗るには切符が必要だもんね。

無賃乗車なんて天下のえきぜぜに様がやるわけにはいかないからね。

駅で買えや。



駅へ行くとオートイベントでヌーヌー本山へ。
で、ヌーのヌーとまたご対面。

ヌーのヌー「わたしと手を組まないか?この国……いや、このホシをお前にやろう!

出た!虹の架け橋に続いてまたしてもドラクエネタ!ドラクエ大好きだな製作者。

えきぜぜに「ふざけるな!お前のような奴がいるから世の中おかしくなるんだ!」

うむ、確かにこんな奴がいたらやだ。このゲームのキャラ全般に言えることだが。

で、いざ戦闘という時に、時空間からイズミが出現。再び仲間に。
ちなみにイズミの会話は「待ちな!」の一言だった。

戦闘開始。

satomi_11

やっぱカッコわりー。
しかもなんかBGMに歌が流れてるし。

あ、イズミは「ししょう」だ。しかも「かみのてっけん」まで装備してる。

ヌーのヌーは攻撃すると場所を入れ替えて回避する時がある。
しかも攻撃もなかなか強力だ。
これはキツイ戦いになりそうだな。

と思ったら歌がサビに入る前に倒した。

うん、楽勝。


倒した後はなんの会話も無く、オープニングと同じ海岸へ。
オープニングではぶかくげひがいたが今はもういない。
そんな時、ぶかくげひと母の幻覚を見る。
でも見るだけ。
幻覚だと気づいたらこれといった会話は無く終了。スタッフロールへ。


で、このゲームのとどめはこれ。

satomi_12

...to be continued

………

………

これ以上何をする気だ?



終了。



てなわけで、衝撃のラストでしたね。
いやあ、やっと終わりましたよ。
もうプレイするのが辛くて辛くて。(実は結構楽しんでいた)
というわけで、「里見の謎プレイ日記」はこれにて終了です。
いままで御覧になってくださった方、ありがとうございました。

  1. 2006/10/03(火) 01:06:31|
  2. 里見の謎プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ちょべりばっ!

いよいよ戦闘が面倒になってきた。
雑魚敵が固すぎだよ。


ヌーのスーを倒してイサナジマへ向かうえきぜぜに一向。
てなわけで、イサナジマに到着。

なんかイサナジマでは「ぶかくげひ様」と呼ばれている。
しかも「クジラを操るものは神の使い」とかいう言い伝えまであるらしい。
なんて設定だ。

で、ぶかくげひに会うと、

ぶかくげひ「というわけだよ!えきぜぜに!」

何が「というわけ」なのか激しく聞きたい。
というより、町の人と会話してることが前提な会話は問題があるのでは?

で、運命なのでここに残るらしい。
うん、ここでのたれ死ねばいいじゃない。

で、この後はコノサキソノサキにある里見の宝を探しに行くとか。
このネーミングセンスは素晴らしいものがあると思う。

とりあえず進むとヒの村に到着。
所要時間5分。
それなのにイサナジマよりも良い物が売ってるのはいただけない。
さっきほとんど全財産使っちゃったよ。

で、ヒハを入手。
あ、ヒハとウハが必要らしいので。
何かよくわかんないけど必要らしいので。

で、次へ向かおうとすると、リスコムが鳴る。

ヘッケル「ヤッホーイ!えきぜぜにクン!元気ハツラツかい?」

ヘッケルだった。
これはもう笑うしかない。何故いまさらヘッケルが。

で、内容は渡したいものがあるからタイムマシンを完成させてやって来たが、座標がずれたらしい。
探してくれっていうけどどうせ上に行けばいるんだろ?

すぐにウハの村に到着。
また新しい武器が売ってた。
だから出てくるのが早いって。
だから金使いまくったから無いって。

道場があり、師範代と戦闘。
勝つと「ふくふくぶくろ」をくれた。
開けると「せんじゅのて」が出てきた。
これで千手パンチし放題だ。

ウハの森には人を食う部族がいるとか。
きっとヘッケルもそこにいると思うので向かう。

ウハの森で部族に捕まる。
その時のQぼうの一言。

きゅうぼう「ちょべりばっ!」

ううむ、時代を感じさせるゲームだ。

で、ヘッケル登場。人喰い部族を従えてた。
で、色々と話をしたあげく、「そうだ、これをあげよう」と言ってきた。
いやいや、最初から渡すものがあったんじゃないのか?
そんなついでみたいに言うなよな。
で、もらったのはバズーカ砲。
なんかもうどうでもいいや。

ウハの森に入ってウハムシを倒してウハ入手。
なんかもう、ウハウハうるさい。

で、奥に進むと祭壇があり、そこにヒハとウハをお供えすることに。
すると虹の橋の完成。絶対ドラクエからこのネタ持ってきたな。

橋の先の竹林で天の巻物ゲット。
さらに奥に進むと寺があった。
そこで話を聞くと巻物は通信装置で、三つ揃うと昔の殿様の話を聞けるとか。
で、話を聞く。えきぜぜにの親父らしい。
で、全部聞いたあとに「わかったか?」と聞かれたから「いいえ」と答えたら同じ会話をしやがった。

要は時の要石なるものを守れということらしい。
で、破魔矢をもらった。

奥に進むと採掘場へ。
なんかアナを掘れとかいいまくってる。
で、旅の行商人がいたが、売っているものを見て笑ってしまった。

武器で「みえないちから」がある。

そうか、そういうのも売ってんだね。

採掘場(ヌーの聖地)を奥まで進むと時の要石とヌーのヌー発見。
で、当然のごとく戦闘へ。

satomi_10

カッコわりー。

なんか今まで見てきた敵の中で、ばふん以上にカッコ悪い気がする。
こんなんがボスでいいのか?

てなわけで撃破。
えきぜぜに以外は死ぬ死闘だったが、えきぜぜにの体力は7000以上あり、一度のダメージは30しか喰らわないので楽勝だった。
だからバランス悪すぎるって。
大体、サヤとけづぺぶには体力200ってどういうことよ。
雑魚戦では必ず死んでるから全く成長しないし。

で、ヘッケルから通信が。タテヤマーナに帰るらしい。
親父からも通信が。いきなり「種を蒔け」とか言われた。
アナ掘った後は種かい。

で、よくわからない歌が流れて、Qぼうと別れて、里見の城に帰ることに。

イズミに会うと、イズミも里見に残る宣言をした。
ぶかくげひともども、馬鹿ばっかりだな。
それとジュウベーも出てきた。
高いところは苦手なくせに。

で、ぶかくげひにも挨拶して帰ることに。
でもいないでやんの。
ホント、イベントの適当加減はピカイチだな。

で、タテヤマーナへ帰るえきぜぜにとけづぺぶに。
ぶかくげひやイズミ、サヤと別れ、もう会えないかもという会話もなされた。
でも、時の洞窟とかヘッケルのタイムマシンを使えばいつでも会えるような気がする。



ふう、やっとここまで来ました。結構しんどかったです。
次回は最終回、「to be continued」をお送りします。


  1. 2006/10/01(日) 00:31:19|
  2. 里見の謎プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやき

    follow me on Twitter

    ランキング

    rankバナー

    にほんブログ村 ゲームブログへ

    是非ともポチッとお願いします。

    最近の記事

    プロフィール

    Author:ton
    ゲームも漫画も幅広く好きな馬鹿。

    リンクフリーなので自由にリンクしちゃってください。コメントも大歓迎です。

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    巡回先

    ・GAMENEWS WATCHER
    ・ゴルゴ31
    ・朝目新聞
    ・春が大好きっ
    ・ねたミシュラン
    ・LOGIC&MATRIX
    ・Goonie!
    ・名前のない部屋
    ・めっつぉ
    ・世界のショボオン
    ・ファミ通.com
    ・ITmedia +D Games
    ・GAME Watch
    ・Gpara.com
    ・痕跡症候群
    ・こんがり焼あじ
    ・心理学ステーション
    ・小紅堂本舗
    ・公共広告奇行
    ・よしみるくのオレンジ
    ・マンガ一巻読破
    ・無気力通信↓
    ・俺的ニュースの盛りw
    ・情報屋さん。

    リンク

    ・FINAL COUNTDOWN
    ・薙空間
    ・ゲーム世代NEXT
    ・七転八転
    ・あるひとつのゲーム感
    ・光雲流水@ゲープレ日記
    ・野良猫と仲間達が見た戯言な風景

    メール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カウンター

    無料ホームページ ブログ(blog)

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。